谷間の百合/The lily of the valley~モルソフ/フェリクス/マネルヴィル~バルザック/人間喜劇~フレグランス

P1070679.jpg

”The lily of the valley”
その名に魅かれて購入したフレグランスですが
優しいフローラル系の香りも気に入ってます。
”a lily of the valley”は、鈴蘭
けれど、谷間に咲く白百合をイメージさせたバルザックの小説Le Lys dans la valléeの影響でしょうか、”谷間の百合”と直訳されることが多いように思います。
というのも、この書簡体小説”谷間のゆり”で
主人公フェリクスがアンドル川の遊歩道を散歩しているときに、ある館の前に一輪の白百合を見つけ、それがあまりに美しく密やかに咲いていたので
この館こそ、憧れのモルソフ夫人が暮らす処に違いないと確信する訳です。

zBK983126YF856_250.jpg

最終的には結ばれることのなかった二人ですが
ココロは、互いに誰よりも近いところにあったように思います。
そしてアンリエットの死によって彼女の存在が彼にとって絶対的なものになったのだと・・。
クレーヴの奥方しかり
ストイックである方が、精神性が高まるというか
逆説的なようですが
想い合うふたりが結ばれないからこその
”永遠性”って確かにあると思えてなりません。

ナポレオンの失脚、フランス復古王政辺りを背景とした
バルザックの手によるこの哀しい恋の物語
最後に差し込まれたマネルヴィル夫人の”短い手紙”が余韻を残す作品となってます。

※バルザックの人間喜劇全体に視野を広げると
最後の手紙に語らせているように女心の解らないフェリックスは、
”イヴの娘”では随分と成長して登場しているようですし、”結婚契約”のマネルヴィル夫人を知るにつけ、やはり 愛されるはモルソフ夫人唯一人であったろうと・・。
今更ながらバルザックのストーリー展開の巧みさに敬服・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

サンキャッチャー~レインボーメーカー~レインボーメーカー

PAP_0127.jpg

陽の光を、優しい虹のように運びこんでくれるクリスタルクォーツ
ヨーロッパではこれを窓辺に飾る習慣があります。
光のインテリアですね♪
サンキャッチャーですとか
レインボーメーカー等と呼ばれ愛されてきました。

陽光を集め、虹のようにお部屋に光が散りばめられますと
そこに幸せを運んでくれるという
ドリームキャッチャー同様の言い伝えがあり
お守りともなる逸品です。

太陽エネルギーを光に変える効果が高いとされる天然石が織り成す
虹のシャワーとその揺らめき・・・
心安らぐ癒しの空間がお部屋に広がります。

写真のクリスタルクォーツは
ブログを通じてめぐり会えた、素敵な方から戴いたものです。
優しくてピュアな想い溢れる
大切なたいせつな宝物です。


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

テーマ : 画像
ジャンル : その他

プロフィール

saki

Author:saki
sakiと申します。
ご訪問ありがとうございます。
横浜の小高い丘の上で
no music(baroque)no lifeな暮らしをしています。
よろしくお願い致します。

☆このブログはリンクフリーです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
自由なる物語 Nov 24, 2017
Nov 22, 2017
豊かなる理性へ Nov 20, 2017
映画 ヘッドライト Nov 17, 2017
論理空間 Nov 15, 2017
桜の風景 Nov 14, 2017
客観性の要請 Nov 13, 2017
ショーペンハウアーが齎したもの Nov 11, 2017
Hume Nov 09, 2017
価値の在り処 Nov 06, 2017
スティーヴンソン/宝島~ハワイ/ホノルル/カイマナビーチ/ハウツリーラナイ~中島敦/光と風と夢 Nov 03, 2017
思索的に・・・ Nov 02, 2017
思考の道具 Oct 31, 2017
思想の通覧 Oct 30, 2017
漱石の鐘~誓閑寺 Oct 28, 2017
一面性の克服から愉しみへ Oct 26, 2017
愛すべき旅人たちへ Oct 25, 2017
IHIステージアラウンド劇場~髑髏城の七人(松山ケンイチ/向井理) Oct 24, 2017
トートロジーへ Oct 23, 2017
現象学の実践 Oct 21, 2017
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
RSSリンクの表示
アクセス解析