何処迄も
DSC_0021_20170414123555e6d.jpg

イマジネーションには
終わりがなくて

現実は
いつだって
何処迄も
現実であります。




























スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/04/15 16:49 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
















テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2017/04/14 11:38 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
雨音
IMG_1757.jpg

雨音が好きです。

自然が刻むリズム
ゆらぎという名のめぐみ。

住宅建材の成果なのか
室内にして
雨音を聴く機会がめっきり少なくなったようで(笑)

通勤時に聴く
雨音に癒されてます。

信号待ちの車内で
カーステ消して
耳を傾ける
雨音の調べ

横浜は雨ですけれど
今日も
穏やかにがんばります♬


そして何より
エストリルのクリスマスローズに
遊びに来て下さったみなさまの
今日という日が
素敵な一日になられますように・・・。

IMG_1649.jpg


























テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/04/11 09:48 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
待ちわびて・・・

























テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2017/04/03 16:07 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
隔絶の5番


マーラーの5番(取り分けアダージェット)を聴いていると
果たして哀しみは乗り越えるべきものだろうか
そんな想いに囚われる。

忘れ去り
屈託なく在ることが是
なのだろうか
といったような。

それは…
この5番のなかに息衝くあの5番
其処にかのベートーヴェンが生きている
という
そのことと無縁ではないのかもしれない。

それが崇敬あっても
敬愛であっても
貴みであっても

例えばそう、
続くマーラー6番のような重みに息喘いだとしても

良い意味で引き摺る生き方が
呼び寄せるその先の息吹まで

胸に秘め共に歩む姿勢に潜む
人間精神の深さ
その奥行きが
多分私は好きなんですね…。






















テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/03/31 20:02 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
その胸に・・・
IMG_1374.jpg

あの日、恩師に案内された
ストックホルムの小さな森の教会

此の地で邂逅したあのブロンズ像は
向き合う者を
抱き留めるかのように
優しく両手を広げ

心に寄り添い離すことがない
そんな暖かみに溢れていた。







愛の限界を知る
片隅の小さな白い花にも

包み込まれる安らぎの時に
すべてを委ねられる
遥かなる想い出。








































テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/03/24 23:39 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
心象風景のなかに・・・
IMG_1334.jpg


詩を読む時
そこに謳われる情景、
緑豊かな大地、水の調べ
取り分け色彩
それは、必ずしも作者の前に広がるものとは限らない。

ときにそれが、心の奥深くに沈殿する
心象風景だったとき・・・。

            *

ヨーロッパにありながら
その文化の中心から
隔絶していたアイルランドには
ゲール語に始まるケルト文化
その独特の世界観が息衝いて・・・
(アイルランドは他のヨーロッパ諸国と違い
ローマ帝国の浸入を逃れたために
物質文明に侵されない
純粋なアイルランド−ドルイド–的文化の
歴史的ベースがありますゆえ)

其処は、ケルト神話
伝説の国。

太古の昔から自然を慈しみ
其処に精神の源
文学的背景をもつ人たちと
私たち日本古来よりの感覚には通じるものがあるよう
例えば
ピュアな文学精神と言ったような。

近付いては怖れ
怖れては近付く
止むに止まれぬ繰り返し。

望むは
より高い精神的高み
荘厳な精神世界。

そして
有限と永遠を繋ぐのは
最早、哀しみだけのようでもあって・・・
けれど
それは
洗練された美しい哀しみであります。

           *

心のなかの特別な場所を占めるひと
夢の中でしか逢えぬひと
けれどその胸は
実存を、わからせてくれる最後の可能性
そうした情感を抱ける場所でもあるようで・・・。


















テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/03/23 23:45 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
春待ちびと


元気いっぱいな陽射し
shopのショーウィンドウ
芽吹く街路樹
フローリストの華やかさ

街のあちらこちらに
春の息吹が
いっぱい

待ち遠しかった春も
もう
すぐそこ

訳もなく
ただ
ただ
楽しみです✨


















テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/02/04 12:56 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
志摩の風に抱かれて
201701202125416ec.jpg

伊勢、志摩となれば
やはり神話の国なイメージ
よって日本最古の歴史(神話)書
“古事記”に想いが至る訳ですが…

もう1300年余りも前のお話
けれど、いえ、だからこそ
日本以前の
大和のこころが息衝く世界なんですね。

この国 固有の
自然観、歴史観
と申しましょうか。

諸外国に向けて編まれた
正史“日本書紀”に比して
内向きに用いられたこの書ならば
かつての優れた国学者本居宣長に
古代日本人の心情が最も溢るる書と
言わしめたのも
納得の一冊(3巻)であります。

20世紀の代表的歴史家トゥインビーが
ティーンエイジャーのうちに
民族神話を学ばない民は例外なく滅んで来た
といったニュアンスのことを記していましたけれど
精神性で云えば
強ち外れてもいないのかと
教育はやはり大切ということでしょうか。

古事記に
納められている
あの
古き日本のこころが
肌で感じられる
愛しき地
それが此処
伊勢、志摩なんですね。

風光明媚な
海と入り組んだ半島と
そして静かなる山とに
囲まれた此の場所で
凜と冷えた風に吹かれる
ただそれだけの
それだけのことですのに
指先まで深く
心地よく満たされ行く感覚

その理由のひとつは
こうしたところにあるんですね
きっと。






















テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/01/20 22:28 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
陽の光に代えて〜ドイツコラージュ Ⅱ
IMG_4691.jpg


私たちが
哀しみに押し流されないように

祈りを捧げてくれた
かのルターの優しきコラール。

それはバッハの
調べにのって
今、なお私たちの弱さを救い・・・



トマス・マンの
”ヴァイマールのロッテ”は
”若きウェルテル~”のモデル
シャルロッテが
長い年月を経て
ゲーテを訪ねてくるお話しでしたけれど
こちら…

自然(純粋な神秘性)と精神(理性的明晰さ)を
自在に往き来出来るが故
双方を兼ね備えた二重性を基に
人類の寵児となったゲーテ

その意味で彼は
(シラーを超え)
ワーグナー
ニーチェ
ショーペンハウアー
(ルソーで繋がるトルストイ)より
究極的意味で完璧
と讃える
マンのゲーテ礼賛でありました。

持続の重みが
精神のチカラとなり
その上で
過去を
生き直す価値をも見い出す
“生の貴族性”という
深くも美しい眼差し。

優れた
芸術的創造は
いずれ死すべき宿命の
儚い生を受けて
生まれてきた私たちを
補って
余りあるようにも
感じています・・・。











































テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/08/26 17:49 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
詩神の訪れ~イェイツepilogue~永遠なる命の泉を求めて~月の光と儚さと
IMG_4352.jpg

若きケルトの英雄クーフリンが
漸く辿り着いた
永遠の生命を約束する水

けれど容易に
それを口にすることはできない

その水(泉)を守る女性は
鷹となって舞を始めて・・・。


ケルトの心性と能のそれとの通底に気付いたイエーツが
フェノロサ、パウンドらの能楽論を基に
”養老”をbrushupして
書き上げた”鷹の井戸”

その後本作品は逆輸入され
翻案新能”鷹の泉””鷹姫”へと
受け継がれても来たわけですが。


      *


いろいろな意味で
誤解されやすい詩人ゆえ

レッテル張りされた
イエーツ論は後を絶ちませんが

少なくとも
元来、能の国
日本のこの美意識を持ち合わせている私たちがゆえに
理解できることはあるように思っています。


      *


”月の沈黙を友”とすることで
得られる精神の柔軟性は
時に強さと同義であると。

ひたすら
合理的、現実的に生きることでは
往々にして
逆境は乗り越え辛いもの

折れるのでなく
しなる強さ
と申しますか

命の恵み
生の源であるかのような
陽の光に比し
自ら光ることも出来ず
陽光をその身に受けて
届けるだけの月光

その役割を知るひとたちには
独特の強さがあるようにも感じています。

光と翳

届かないものを求め
支配したいと願い続ける
人間の
愚かさ
無力さ

そこから
無常観を受容しながらも

鷹の神秘性に
救いを見出せるのは

余情をもてるものたちだけ
なのかもしれません。

そもそも
私たちはこの地平に立つのみで
鷹の様に舞い上がることも
井の様な深度での沈潜も許されていない。

それを叶えてくれるのは
個のうちなる精神の豊かさ
だけなんですよね。
その場所が
より多様で
より多彩であれば
厳しい現実の苦難を
上手に躱すことができるものでしょうか・・・。

儚さのうちに美を見出す詩人
イェイツ哲学からの
学びは少なくありません。


※英国ロンドンで初演されたという
音楽と舞踏、戯曲が一体となった
踊り手のための劇”鷹の井戸”には
3つの音楽が付けられているんですね。

一つ目は
(イェイツも了解していた)
あの美しき挿絵を手掛けた
画家Edmund Dulacのそれ。
音楽家でないことも幸いしてか
しっかり”朗誦”が尊重されている。

二つ目は
伊藤祐司氏。
フルートパートが付与されていますが
やはり地謡に沿っています。

三つ目は
山田耕筰氏。
前者ふたつをみかねて
作曲されたものですが
それは既に朗唱ではなく
調性感をベースにした
近代的和音の響きをもつ歌曲として仕上げられています。

スクリャービンの影響を受けて
舞踊詩を多く手掛けていた山田氏ですから
彼らしい表現主義的な作品といえばそうで。

そして何より
内省的で、人生の意味を問い
謳い上げられた
イェイツの詩にふさわしい
調性の揺らぎがあって
それを、多様な和音にしてハープに乗せ
さらに
心理描写を備えた歌唱旋律を持ってきた山田氏
その作曲手法は見事としか形容の仕様がありませんが
朗唱の魅力は失われているんですね。

イェイツの詩は英語ですから
朗誦に適した
等拍的リズムを付けるのが難しかったという
その理由は容易に察せられはします。

ですが
西洋演劇と能の融合を目指した
イェイツとデュラック
彼ら本来の意図である
地謡風の英語での朗唱は
”鷹の井戸”には、欠かせない要素であり
まさにそこが
彼らの苦しんだところでもあるんですよね。

非西洋、日本的(能)志向を狙った
前者ふたつの曲性と
能の素養を排除し
別の文脈からの解釈で
西洋モダニズム的に創作した
山田氏の試み

ですがそのおかげで
私たちは
それぞれの表現の違いを愉しむことができる
そのことに感謝しています。

















テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/08/24 12:47 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
陰翳が呼ぶ幽玄の世界観
IMG_4642.jpg

遮るもののない光より
雲間から射し込んでくる
光が好きです。

陰翳が
呼び寄せる独特の美しさ
ありますよね・・・。

幽玄という名の
美的概念。

ヨーロッパの様に
概念規定に
填め込まない
或る・・・
日本らしさ。

その
メタファの世界観も
好ましく思っています。

    
        *


夏も
まもなく
終わりを迎えて

暫くすると
もう
秋・・・

秋が来る。




ーー秋風に
      たなびく雲のたえまより
         漏れ出る月の影のさやけさーー















テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/08/23 12:14 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
月の綺麗な夜に〜ギリシア文明・・・そしてローマ文明が為したもの
DSC_0012_20160523110236073.jpg

DSC_0008_2016052311023531c.jpg

シャンゼリゼ ロンポアンからアルマ橋までのモンテーニュ通り
このエレガントな散歩道の一角に位置する
プラザアテネ。
一階の回廊にあるカフェ サロン・ド・テは
プラザアテネならではのカフェ。

此処、
プラザローマではイメージが違い過ぎる
それほどに
ローマとアテネは違う
背後に在るのは
ギリシア文明
そしてローマ文明。

豊饒なる精神をもってしまったが故に
苦悩する存在・・
そんな人間たちへの賛歌を
荘厳に謳い上げた
詩人ソフォクレスは
2000年以上の時を超えて
今なお私たちの心を震わせる・・・。

そう
彼は、あまりに
ギリシア的な
ギリシアのなかのギリシア人。

実用的でないものほど
美しいのかと
そんなことをも感じさせたひと。

*

芸術、文学、哲学そして科学が構成するギリシア世界。

対するローマ
クォヴァディスの舞台となったアッピア街道オスチアの遺跡に
カストラからケルンまでのライン河岸遺跡群など
実際主義に蔽い尽くされたローマン世界
その厳然なる有り様。

然し
自分たちが征服したギリシア文明を
見事に今に伝えたのは
他でもないローマ人たちなのだ。

時代やエリアを超えた
健やかにも均衡のとれた
精神性を
熱く深く
こうして
受け取れることの意味。

*

両文化が生きた世界が
見詰めた世界観が
異なったところにこそ
今を為す美しき欧州
その秘密があるようにも感じてます。

DSC_0015_20160523110238919.jpg





























テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/24 01:44 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
Alone〜めぐり会うために


Alone 僕らは
それぞれの花を抱いて生まれた
めぐり合うために
Alone/B'z











テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/22 22:18 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
メタセコイアの水辺に祈りを込めて


愛すべき落葉針葉樹
メタセコイア

落葉樹だけが魅せる
風馨る新緑の爽やかさに
木洩れ陽が編むレースの清涼感に
レンガ色に染まる紅葉の華やぎに
雪に象られる樹形その円錐の凛々しさに
美しき季節を見詰める
眼差しの先
真っ直ぐに伸びゆく
メタセコイアに祈りを捧げるなら
それは遥か澄んだ空に続いてゆく
どこまでも
いつまでも
絶えることのない
確かな想いを乗せて

DSCN0845_20160508054505a9c.jpg
















テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/07 23:38 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
WE'RE ALL ALONE Ⅱ
DSC_0373_20160506163619a95.jpg

WE'RE ALL ALONE







DSC_0534_2016050705301180d.jpg

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/06 23:35 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
さくら~美しい季節に Ⅲ
DSC_0169_201604021959345c4.jpg



















テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/04/02 22:14 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
菜花畑~ブルゴーニュ Ⅰ/ロマネ・コンティの記憶
201603221259371.jpg

小さなしあわせ

そんな素敵な花言葉をもつ菜の花
優しい光を含んだ
綺麗な黄色が春告げ花に
相応しい存在感を放っています。


          *


フランス東部
ディジョン郊外に広がるブルゴーニュ地域圏
セーヌ河やローヌ河の源流域であり
運河でも有名な地ですが
この季節には
見渡す限りの菜花が咲き誇るんです。


          *


そしてこの高原
かの(ブルゴーニュ)ワインでも有名。
なかでも(ニューヨークはクリスティーズで、1本20,000USDで落札されたこともあるという)
名酒ロマネ・コンティを生んだ場所でもあるんですね。

葡萄畑の名がそのままワイン名になったという
その畑は、当にフランス革命前
ルイ15世の美しき愛人ポンパドゥール夫人と争った末
手に入れた(それ以前は文字通りロマネー古代ローマ人ーの手によるものだったそう)
ブルボン朝コンティ公の所有地だったことでも知られています。

ロマネ・コンティに親しんだこの時と
同エリアで魅せられた
菜の花の優しいレンモンイエローという
極めて個人的印象がリンクし
高まった
ロマネ・コンティへの或る特別な想い。

”いつかきっと大切な時に・・・”

ささやかですが
私にとっては
限りなく愛しきエピですゆえ

このBLOGの片隅に
こうして
そっと
綴らせて戴きました・・・。




















































テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/03/24 16:53 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
粉雪
KIMG1371 (2)

高原の春はまだ浅くて
空から
音もなく
舞い降りてくる
粉雪舞う朝

KIMG1374 (2)

冷えた大地にひとり


けれど
こころを暖めてくれるひとがいる

その寛さに
この心地よさに
その優しさに
このやすらぎに

いつも
ほんとうに
ありがとう・・・。
















































テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/03/21 08:19 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
永遠のSt. Valentine's Day~静謐の海/ Erlosung
201602131822186e1.jpg


孤独の海には
確かな温もりが残る
                                  

見出したのは
理論でもなく諦観でもない
生なる実感
 
学んだのは
すべてを受容し
賛美さえしてしまう潔さ

或、美しき知的捷路

自己を現実から救い取り
俯瞰で人生を見詰めるからこそ
見えて来る光がある

哀しみは雲間に溶けて
翳とともに織り成される眩耀は
どこまでも優しく私を抱く

あぁ、いつの日か
この限りないglowに
身を任せられたなら


 






































































































続きを読む

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/02/14 01:16 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
永遠のSt. Valentine's Day eve~one of these days
2016020702440600_20160212100737be0.jpg

16 世紀ラテン語由来のhumor
ロマン主義の自由精神にも通じ
永遠と無(同等性)
というふたつの音調が織り成す
フモールの眼差しは優しくて

生命主義的に在り
耽美的美しさをも放つ
その静なる観照的姿勢

それは
諦めつつも諦めないという
風のような
救済原理でありました・・・。












































テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/02/13 00:21 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
すべての遠景は青に近付くⅨ~想い


雪が
音もなく
大地を純白で覆い尽くすように

いつの時代(とき)も
行き場のない青(想い)は
(しあわせを願う)祈りとなって

そして
遥かなる空を
透度の高い青のグラデーションで
染め上げる


































テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/02/04 01:15 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
あの日、レグルスを想って
DSCN0550.jpg

イルミネーションに包まれる都心の空は
深夜になっても星影はまばら
ですが
其のぶん、孤独にも凛として耀くあの存在は
貴重でもあります。

地球と謂う名の星にあれば
落陽のあとの月の光は
女神の微笑みにも似た
優しさを投げ掛けてくれる
癒しの存在ですが・・・。



       * 



天の黄道上にあるという唯一の1等星
レグルス
ラテン語で王様を意味するレックス由来のこの星。
ギリシア神話ではネメアの谷
その最も奥深くに住むという
獅子の名を冠したLeoの中にある
全天21の1等星のうちのひとつ。
地動説を提唱したコペルニクスが
命名したと謂う王の星。 

太陽の何倍もの大きさと
強い光を放つ偉大なるこの星は
二重星が互いに回りあうという美しき四重星。
77年前に瞬いた真白きレグルスの光が
漸く届いた
今だからこそ想います。

時間でも
そして
距離でもない
見えないけれど
いえ、
見えないからこそ確かなものを。





























テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/01/30 22:31 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
夜の空港にて Ⅱ~missing
DSCN0441.jpg

久しくビジネスシーンでしか
利用のなかった空港
ですが
ひとつ見方を変えれば
そこは旅びとたちが
行き交う場であり
出会いと別れの感情が
何処より交錯する空間
なのかもしれません。

そしてその悲喜交々の先にあるのは
やはり
想い
でありましょう。

         *

日常ではあまり意識しない
絆と謂う名のgravity
そうした
ひととひとが引かれあい
結び合おうとするチカラは
美しい力である一方

時にその強さゆえ
理性で抗し難いものもあり
それがそのまま
淋しさと同義になってゆく
そんなこともあるんですね・・・。




           


















テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/01/18 20:57 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
分水嶺を見詰めて~大きな思潮の中で
DSC_0353.jpg

或るエリアに降った雨雪が
それぞれに異なる水系に分かれゆく場、
分水嶺をして
物事の方向性が決まるメタファとして
扱うことがございますが
綺麗な擬え方だと感じています。


           *


そこで、所謂哲学と呼ばれるジャンルと
宗教と謂う名のそれの
分水山脈分水界を考えてみました。


両者、思想という括りに入ろうかと思いますが
いずれも厳密な定義を有する訳ではありません。
敷かしながら
一定の理解を得る手立てとしては
興味深いものがございます。

第一義的に
先ずはそこに“物語”があるかないか
といったところではないかと。

厳密なロジックとその蓄積から構成される前者に比して
(極端な)論理の飛躍をも認めてしまうのが後者でありましょう。

具体的には
死を語る要求を否定しない限りにおいて
そこで哲学は哲学でなくなります。
語り得ないことは語らない
それが前者であり
後者は寧ろ、積極的に是を語ります。
(メソッドとして便宜的に敢えて
踏み込むケースなど例外は巨万(ごまん)とありますが。)

もっと謂えば
それを”論拠なく信じるか否か”という
そこでの姿勢にこそ両者の差異は
顕著に顕れるものかもしれません。

後者の中核には
少なからず教えがあるようで
その中には悟性(抽象的思考能力)、感性、そして理性が混在し
例えば、
聖書(キリスト教)などは悟性、感性的色彩が濃く
また、三蔵/般若心経(仏教)は理性的ウエイトが大きいものの
矢張り悟性、感性的側面も少なくないようです。
こうした処からも
理性を前面に押し出した思想をして
朧げながら哲学という輪郭が見えても参ります。

一方で感性が強調されたそれを”藝術”のカテゴリで
括って差し支えないものかとも
思ってみたりもするんですね。

何れに致しましても
誰が聞いても納得できるような説明が不可能な
悟性を軸にしての論理的説明は叶いませんので
哲学では敢えて其処に立ち入らないわけで
敢然(潔く)とそこに切り込んでゆ(く)けるのが
後者なんですね。

裏を返せば
煩わしさなく(理屈抜きに)受容できる
悟性や感性をベースにした後者が
世間に永く遍く普及してきたという
現実実態とも喧嘩しません。

人生論、存在論、認識論といった
真実への”探求”がメインテーマとなる前者と
”(信仰)生活”そのものを基盤として発展した後者の
分水嶺とは
こんなところに
あるように思っています・・・。
















































テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/01/16 22:58 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
愛の拠りどころ
DSC_0127_20160110175119b93.jpg

人生とは
懸命に生きようとすればするほど
誠実にあろうとすればするほど


哀しみを背負い込んでしまうようにも
思えてまいります。


            *


それでも
やはり

愛の拠り所は
誠実さ

でありましょう。
























テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/01/13 18:45 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
内なる世界へ


どんな
問題が
軋轢が
起きようと

負けません
なぜなら
いつのときも
耳を澄ませば
自らの内なる世界では
静寂の鐘が鳴っているから

それはどこまでも
穏やかに
暖かく
安寧なる場所・・・。

    *

そんなときは
ひとり
ハンドルを握って
カーステレオから流れる音の世界に
身を任せる。

Galleryは
こころの原風景・・・。
























テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2015/12/18 00:15 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
選択するということ
DSCN0317.jpg

かつて
ボーヴォワールが
ドストエフスキーの人間の責任論をして
拒絶も選択であり
沈黙もメッセージであり
感受力もまた意志と説明したあのフレーズ

ですが
そのベースは
美学
なんですよね
各人固有の。

ひとは誰も
美に従って
美しく生きようとするのだと。

ときにそれは
愛であり
ときに正義であり
ときに

そのものであります。














テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2015/12/13 00:09 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
美の源泉、幸の原理
湖に映る雲

DSCN9964.jpg

ビジネスシーンであれ
プライベートであれ
さまざまに展開される
交流のなかで

また
MAIL(文書)の交換
或いは
書に親しむなら

そこに零れる
”知る(学ぶ)”歓び。

此処、
もしかしたら
いちばん幸せ感じるところなのかな
なんて最近思い始めてます。

思想史に鏤められる思索のKaleidoscopeを眺めつつ
精神の河を渡るときのあの知的興奮
萌えます(笑

そして
思想の近似性を感じたり
強く共鳴し合えたとき等も
似たような快感が得られます。

その国その国に根差す
精神風土的差異や
空気の密度の違いに
思想源流の在り処を思い知らされることなど含め
(プラトンではありませんが)
その歓びは、”私たちが叡智的存在と乖離している”
がゆえの愉しみでもあるということなんですよね。

”ひとの幸福は、叡智的存在の観照にある”
というあれです。

社会的動物である以上私たちは
生きる環境に内在する因習、軋轢、時に欺罔など
避けては通れないものを抱えています。

純粋なる理論だけは、一切の柵に囚われることがない
当に自由なんですね。

知らないからこそ
知ることが愉しいという二律背反
これは・・・
すべてを知り尽くすことなど到底、不可能ですが
仮定として、そうなれば
それほどつまらないこともない
というそんなアンチノミーを
物語っているんですよね。

となれば
愛をめぐるambivalentが厭でも想起されてまいります。
深層においては誰もが持ち合わせているとも謂われる
或る”相反した感情”
ー満たされない念望を持ち続けたいー
これはそのまま
所望のエネルギーを可能な限り保ちたい
(=そのために拒絶されたい)という
自明の心理状態がそこには介在してくる
ということなんですね。

思索における躓きは
知の宝庫であり
それがゆえ
洞察へ向かい
その洞察そのものがまた愉しいという
歓びの輪が幾重にも重なって広がる。

美しいものが美しいのでなく
美しく(創出)するものこそが
美の原理であるなら
幸せの源泉も
それを自ら創り出すことのなかにあるのではないかと
そんなことを
思ってみたりもする訳です。

























テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

【 2015/12/02 18:13 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
すべての遠景は青に近付く Ⅵ~青のアレゴリー
DSCN9946.jpg

ロシアで生を受け
フランスで活躍したシャガール
絵画のそれも
ステンドグラスでのそれも
観るものを惹き込む青を湛える。

ひとの胸を打つものは
作為的技法か、
心象源か。

知識は時に
感受力を助けるのかもしれない
けれど
私が愛するのは
アレゴリカルな物語。

なぜなら
アレゴリーという
伝達の一翼を担うツールに
大きな信頼を寄せているから。

絵画や詩文を愉しむに欠かせないこのアレゴリーは
古代ギリシア(紀元前2600年~紀元前1200年)に伝わった神話・伝説の
哲学的解釈を試み始めたころに生まれ
中世、実在論のなかで大きく展延してきた技法なんですね。

このアレゴリーに
ひとの無意識が
大きく関与するとされることを鑑みても
此処は哲学でなく
藝術理論でなく
沈思のなかでこそ
煌き耀く分野なのかと思っています。





※アレゴリーに似て非なるものに
”イコノロジア”或いは”シンボル”などありますが
アレゴリーのそれは
普遍とメタファの一体化では決してなく
あくまで
直感的流動性をもつもの
だから素晴らしいんですね・・。
























テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2015/11/29 00:00 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ