FC2ブログ
軽井沢~バロック/バッハ/マタイ受難曲~オイゲン・キケロ
DSCN1315.jpg

軽井沢です
高原の風
溢れる陽の光
樹々からの木漏れ日
珈琲の香り
そして文庫本。

今日の音楽は、”Eugen Cicero

オイゲン・キケロ・・・
♪バッハがSwinging してます♪

J.S.バッハ作曲”マタイ受難曲”(Matthäus-Passion)第47(39)曲
アリア”憐れみ給え、わが神よ”のCrossover作品です。
原曲となったこのオラトリオは、哀愁を帯びた美しいメロディラインに相俟ってソロヴァイオリンのオブリガードにアルトアリア、そこに只管”Erbarme dich”(憐み給え)のリフレイン。
イエス審問の時のペテロの裏切りとその後悔(懺悔)をモチーフにしている処からバッハの”作曲の意図”を鑑みても
(人生において聊かの悔いのない方はMinorityでしょうから)ココロの琴線に響いてくるのはもう・・・**かと。
また、かのタルコフスキー監督の遺作になったスウェーデン島を舞台にした映画”サクリファイス”他、日本文学に於いて同タイトルの小説中での扱いに触れるに付け、それはもう特別な意味を持っている別格の音楽と強く感じています。

こちらオイゲン・キケロのアレンジ版は、所謂”クラシカルクロスオーバー”的範疇になる訳ですけれど
個人的には、こうしたバロックのJAZZアレンジがお気に入りです。
バロック通奏低音とJAZZは、相性が良いのかもしれません。

DSCN1390.jpg

他にはもう何も必要ないように思える避暑地での時間。
ただ
ゆっくりと時が流れてゆきます・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

【 2012/08/13 23:59 】

| 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |