FC2ブログ
プラトン哲学~ガリレオ~オイリー~e/ネイピア数(自然対数の底 ) ~フィボナッチ数~mathematical beauty~
m.jpg

ピサのレオナルドことレオナルド・フィボナッチ
イタリアの数学者ですが、彼の著書に記されていた”フィボナッチナンバー”
こちら
実は、古代のインド数学の文献に於いて、
このフィボナッチ係数と見做される記述が既にあったようです。
自然界の其処に潜んでいるフィボナッチ数
例えば、花びらの枚数であったり、葉の付き方であったり樹の枝数であったり・・
また、ひまわりの種や松ぼっくり、そして蜜蜂の家系、
さらにはピラミッドの中にもこの係数は住んでると言います。
それは
自然界で、人の目に映らない、潜在的なルール
その”可視化”と言っても良いのかと・・・。

フィボナッチ数列をもとに
貝殻から銀河系に至るまで関係していると謂われるネイピア数の近似分数を求めていく方法がある?といわれているなど
”数学は、神が世界を設計するために用いた言語である”
と述懐したガリレオ・ガリレイの主張も頷けます。

無神論者の数学者たちも含めて
”神は極めて高度な数学に基づいて天地を創造した”と謂わしめる程に
私たちが暮らす”物理的世界”と数学という”概念世界”には密接な関係があると。
考えてみれば、
これって既にあのプラトン哲学そのものなんですよね。

この辺りが
数学という学問が、発明ではなく、寧ろ発見であると謂われる所以でもあり
数学の最終結論には、常に普遍性が付き纏っているということにもなるのでしょうか。
もっと謂えば
自然の摂理に近づくことは、そのまま真理の発見であり
数学者の最上位は、”自然”?
そう考えると自然とはほんとうに神秘的なものだと思います。

616JRZ61R0L__SL500_AA300_.jpg

mathematical beautyという言葉があります。
数学に対して美学的(審美的)見地から取り組む概念をいいますが
これは、beauty in mathematicsとする数学自体の審美性をも包括して扱われているようです。

このマセマティカル・ビューティに対峙する彼らは数学を美として記述してゆきます。
対象に美学的喜びを見出したその先に
やはり、数学的美は真理なりといった類の信念を見出しているようにも感じます。

ラッセル風に謂えば
絵画や彫刻、文学、音楽に纏わる美は、華やかな感性的美しさを纏っているけれど
数学のそれは、純粋無垢そして崇高
完成された至高の美、芸術の頂点である・・・
みたいな勢い??

以前手にした”e”の不思議を語った本に
”ベートーベンの第九の美しさの説明を付けられないが如く
数学の美しさも言葉にはできない。
もし数学が美しくないと云うならば、他に美しいものなど存在しない”
といったような意味合いの記述がありまして
一度読んだら忘れることのできないメッセージとなって胸に残ってます。

数学を愛する方たちは
概してその証明方法に拘りを持たれているようで
如何に簡潔であるかだとか、その解法が一般化できるかだとか。
或いは誰もが知っているような定理から意外な結論を導き出す演繹的な証明ですとか
とにかく美しく!置いておきたい、所謂、解法美と謂われるあれですね。

無関係そうに見える
自然対数の底(e)と虚数単位 i, 円周率 π を関連付けたオイラーの等式が象徴するような
導き出されたその”結論の美しさ”はもう
mathematical beautyの極みだと思うんですね。

そしてデジタルアートの発展さえもそれと無関係ではなさそうです。

2009-beauty_math1.png

美術ならばミロのヴィーナスで云われる処の安定性を示す黄金比、
ダ・ビンチで有名な対称性の研究、ルネサンス期の射影幾何学
音楽で云えば、シォパードトーンと呼ばれる無限音階
バッハの対位法、春の祭典に見るストラヴィンスキーのポリリズム的構造、シェーンベルクの十二音技法等々・・
文学ならば韻を踏ます詩など皆、数学がツールとされているように受け取れます。
こうした芸術をそれぞれ
数の持つ潜在的美しさを五感で感じさせるそれに変換した表現方法と見るか
美しいものを追求していったら自ずと数学、さらには普遍性、真理に行きついたものなのか・・。
いずれにしても美の追求に終わりはなさそうです・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/09/05 22:35 】

| 哲学 | コメント(0) | トラックバック(0) |
スイス上空~息もできない夏~アデル19/21~歌詞付き動画フル視聴
SH3D1170.jpg

セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン/アデル←歌詞、日本語訳付動画フル視聴

アメリカのニールセン・サウンドスキャン社のデータに依りますと
2012年上半期全米CD売上ランキングで1位を獲得(369万枚)したのが
英国のスモーキーボイスシンガーアデルのセカンドアルバム”21”。
アルバムタイトルが”21”ですとか”19”ですとか
その名の由来は彼女の年齢そのもの?と思ってしまうほど
お若いアデルですが、この年齢にしてこの声質、そのブルージーさ加減は半端ないナって感じです。
魂が籠っているというか、最初に聴いたときは黒人を想像してました。
雰囲気在りすぎなほどにソウルフルなアデルの歌声に普遍性さえ感じてしまいます。

因みにランキングは以下
2位:ライオネル・リッチーの”Tuskegee”91万2000枚
3位:ワン・ダイレクションのデビュー・アルバム『Up All night』89万9000枚
4位:亡くなったホイットニー・ヒューストンのベスト盤
5位:コンピレーション・シリーズ『NOW 41』
6位:キャリー・アンダーウッド『Blown Away』
7位:ルーク・ブラウン『Tailgates & Tanlines』
8位:ニッキー・ミナージュ『Pink Friday: Roman Reloaded』
9位:ドレイクの『Take Care』
10位:アデルのデビュー・アルバム『19』
マドンナの『MDNA』は13位。
アナログ盤のセールスでは、ビートルズの『Abby Road』が3位にランクインしてました。

今年のグラミー賞でも主要四部門(Album Of The Year、Record Of The Year、Song Of The Year)
のうち3部門(「年間最優秀レコード」「年間最優秀アルバム」「年間最優秀楽曲」)を含む6部門がAdeleで、ノラ・ジョーンズ以来9年振りの快挙だったことも記憶に新しい処です。

実はアデルのこのセカンド・アルバムは
作年の2011年通年のアルバム総売り上げランキング時には既に、2位のレディー・ガガ『ボーン・ディス・ウェイ』の540万枚を大きく離して
アデル『21』は1530万枚で堂々の1位、レディー・ガガとの差は約3倍で、過去のチャート史上、1位と2位の差が最も付いた年となっていたんですよね。
CDセールスが伸び悩む音楽業界にして、恐るべしアデルという感じで観ていました 。
参考までに以下
3位マイケル・ブーブレ『クリスマス』:520万枚
4位.ブルーノ・マーズ『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』:400万枚
5位.リアーナ『ラウド』:340万枚
6位.コールドプレイ『マイロ・ザイロト』:330万枚
7位.アデル『19』:280万枚

※イントロも素敵なこのナンバーはドラマ「息もできない夏」のオープニングに使われてます♪
キャスト:武井咲、江口洋介、小芝風花、谷崎玲, 樹山龍一郎, 谷崎葉子, 木村佳乃. 草野広太, 中村蒼. 鮎川宏基, 要潤. 谷崎香緒里, 浅田美代子. 夏目周作, 北大路欣也

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【 2012/09/04 17:56 】

| 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
豊饒の海/月の海~春の雪/清顕~映画 11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち~東大全共闘
Moon


少し前に
若松孝二監督の映画”11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち”を見てきました。

極めて理性的かつ知的
であるにも関わらずたおやか,繊麗さを秘めており
伝統的な日本語を自在に使いこなした三島の美しい文章が好きでした・・。

三島氏には生きていてほしかった
年を重ねた彼の作品に触れたかった
読めば読むほどにそう思わずにはいられませんでした。

youtubeで見た、東大900番教室での全共闘の学生C等とのやり取り・・
三島のこだわり
精一杯背伸びをしているのが痛いほどに伝わってくる学生たちを相手に
三島の口調は、穏やかで終始冷静・・。
本を漁り乍、彼との距離が少しづつ狭まってゆくにつれ
垣間見えてくる硬質な三島哲学
そして透徹した美学・・。
すると
今度はその死が避けられないものだったという事を
否応なく納得させられてしまう
それはそれでまた哀しみが増す・・。

遺作となった”豊饒の海”は月の海のひとつ 豊の海のことで
ラテン語で”Mare Foecunditatis”
その日本語訳なんですよね・・。
またこの作品には”月”が
バロック音楽の通奏低音のように投影され
三島ワールドが構築されています。

”春の雪”を舞台に、一途に想い続ける純粋な清顕から
燃えるような烈しい魂をもつ”奔馬”の勲
彼らは、夢と転生のイメージから創られたと語る
三島の後述と重なりますが
”暁の寺”を経ての”天人五衰”達観の境地へ導かれたその章、
そして彼の選んだ結末の海は・・・
やはり月の海でした。
私は聡子が本当に清顕を忘れてしまったとは解釈していません。
というかできません。
けれど
それでもそこは
月の海、水のない世界だったように思います・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







続きを読む

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/09/04 01:01 】

| 文学~小説/詩/名言 | コメント(4) | トラックバック(0) |
THE OVER/UVERworld~黒の女教師主題歌/歌詞付き動画視聴
P1090719.jpg

THE OVER/UVERworld←歌詞付き動画フル視聴

歌詞はこちらから

※黒の女教師主題歌
キャスト:榮倉奈々/松村北斗/千葉雄大/大野いと/西井幸人/土屋太鳳/山﨑賢人/竹富聖花/広瀬アリス
太 賀/杉咲 花/藤原令子/上遠野太洸/中条あやみ/木村文乃/トリンドル玲奈/駿河太郎/光石 研/
市川実日子/南果歩/小林聡美

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:♪音楽PV動画無料視聴.・*☆ - ジャンル:音楽

【 2012/09/03 16:29 】

| 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Autodromo Internazionale Enzo e Dino Ferrariの片隅に・・・/イングリッシュローズ~四季咲きグラミスキャッスル~イモラの空の下、サーキットのタンブレロ・コーナーへ
glamiscastule 120901

お庭のイングリッシュローズです。

薔薇の名は、グラミスキャッスル。
早朝、蕾を残した状態の中心部は, ”グラミスの卵”と呼ばれ
この位の咲き加減がいちばん綺麗です♪

イングリッシュローズは品種的に弱いものが多く結構手が掛かりますが
その分愛情いっぱいに育ってます

Autodromo Internazionale Enzo e Dino Ferrariの片隅に・・・祈りを込めて

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【 2012/09/02 08:33 】

| ガーデニング | コメント(3) | トラックバック(0) |
ポルトガル/都市人口率~ポルトワイン/バカリャウ~世界遺産~ファティマの奇跡
120520_0253~03

ポルトガルはヨーロッパ諸国としてはめずらしく都市人口率が低い国、50%余りだそうです。
ですので大都市が少なく、首都リスボン市街さえものんびりした地方都市のような印象を受けます。
都市人口率はイギリス90程度、スペイン80程度ですから50パーというこの国
個人的には、バルカン諸国のアルバニア、セルビア、スロベニア的カラーを感じています。
写真は、テージョ川、ドウロ川の流れを静かに受容するリスボンの街のワンショットです。
ポルトワイン或いはバカリャウで有名なポルトガルですが
ポルトガルワインは、このポルトワインの他にもマデイラワイン、ダンワイン、ヴィーニョ・ヴェルデなど高い品質を誇るワインを古くから数多く世界に送り出しています。
この国は、ローマしかりで、英国的色彩よりも寧ろフランスナイズされており
現にこの一枚もパリのシャンゼリゼ通りを模したお洒落なアベニューになってました。
近くにはケーブルカーの駅もありまして、それを登り切った高台からの景色がこちらのランドスケープでした。
また、スペイン併合時代の名残か闘牛の文化もしっかり残されています。

ジェロニモス修道院・ベレンの塔を初めとして
バスコダガマの生家、ローマ時代の神殿も残されているエヴォラ歴史地区
詩人バイロンが愛したシントラの文化的景観
赤い屋根が続くアゾレス諸島のアングラ・ド・エロイズモ
モンサンミシェルを彷彿とさせるトマールのキリスト教修道院に壮麗なアルコバッサ修道院、
水辺に佇むポルト歴史地区、ベレン的建築のギマランイス歴史地区
ポルトガル最高峰と謂われる火山ピコその雄姿をバックにしたアゾレス諸島のブドウ畑の景観など数多くの世界遺産がある美しい国です。
またムーア人のお姫様伝説も残るファティマがマリア出現の地として知られ世界的な巡礼地となっており、
ローマ・カトリック信仰97%の国でもあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:ポルトガル - ジャンル:海外情報

【 2012/09/01 17:24 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム |