FC2ブログ
美学/美意識/価値観~葉隠/風姿花伝~森鴎外/紀貫之/アインシュタイン~原発
WMNP_reprint_big.jpg

”美学”
かつて、鴎外によって”審美学”という訳語を与えられていた言葉。
美の本質、基準、価値を研究対象とする学問ですが
その出発点は、そもそも
”科学的認識”と”美的認識”のズレに違和感を覚えるといった処から始まっているんですね。
この辺りかなり興味深いというか私自身
日進月歩で進化してゆく科学技術によってめまぐるしく移り変わってゆく日常.
そうした最中で日々痛感していたこと、それが、正にこの認識の”ズレ”でありまして・・・。

歴史を紐解けば、18世紀
自然科学の発達に伴い深まる、科学的、感覚的認識のギャップ。
(当時の啓蒙思想、多分に影響していると思われます)
このギャップが背景にあったがゆえ、
”感性的認識に独自の論理を見出す”美学”が学問として認められたのは、時代の必然という感は否めません。
そしてそれは、”感性的認識論”即ち”美は感性的認識の完全性”であり”美について考察する学問”そのまま
”芸術理論”であると・・。

しかしながら理性的認識論に比しては、下位に位置付けられていたようです。
確かに”美的判断を行う能力”
当然ながらここには、普遍的原理は見当たりません。
誰の目にも判り易く、共通認識を持ち易い理性的認識に
説得力があるのも無理からぬことで・・・
よってカント、シラー、シェリング、ヘーゲルらを通して
美に対する哲学的批判の学問へと変遷してきたんですね。
また、そこには実存主義・分析哲学・ポスト構造主義によるアプローチもあったようです。

ただ
やはり忘れてならないのが
ーー美学、それは”知性的認識としての論理学”を”感性的認識”で補完することにあったーー
ということ・・・。

如何に普遍的原理がなくとも
個人個人の”感性的認識で、常に補完し続ける”努力は
怠ってはならないのでは
ですとか
最終的には、それが最上位に位置付けられるものでなければ
なんて思ってみたりもする訳です。

日本にはまた”美意識”という言葉があります。
古くからある、”理想的(勝敗や損得を超越したもの)に生きようとする思考”は
紛れもなく美意識と感じますし
具体的には
紀貫之、和歌の世界では既に理論化されその流れを汲んだ鴨長明、藤原定家らによって
”幽玄論”として確立した概念がありました。
こちらは、優美を根底に持ち併せながら、静寂な余情の漂うさま・・・
そう、芭蕉の謂う”気”ですとか、千利休の茶道にも通ずる"風雅の精神"ですね。
そして、
世阿弥”風姿花伝”にみるような”秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず”的美感から
後の”葉隠”へ受け継がれた美意識(”恋の至極は忍ぶ恋”といった感性など)
或いは侘、寂が象徴するような滅びゆくものへの同調からの滅びの美学。
さらには、江戸時代の町人文化の間に生まれた”粋”の文化などなど
いずれも美意識に通じる概念であろうかと。
こうしたもののあわれを知ることこそが、
人間が人間たる所以であるとした、平安時代の文学的理念は
現代にもそのまま通じる美的理念であろうと思っています。

そして
何をもって美しいと感じ
何を大切に生き
何を切り捨てるか

こうして考えると
美学、美意識と価値観とは非常に近いところにあるとも思うんですね。

価値観という言葉は日常よく使われますが
人は、たぶん自分の美意識(或いは美学)に従って
その価値を決めているのではないかと見受けられ
よってこれらは
その人のライフスタイルに大きく関わって来ます。

価値観が多様化している現代ですが
そこには必ず何かしらの傾向はある。
そしてそれは
国、文化圏、地域性
そして教育(環境)であったり
また、芸術(文学、美術、音楽)、或いは組織(学校、社会)に身を置く中での思索の積み重ねなどによって
成熟させてゆく類のものであるとも考えています。

いかに科学技術が進歩しても
譲ってはいけない何か
守らなければならない何か
時にそれが利便性と対極にあることも少なくありません。

ーーテクノロジーの進歩は、病的な犯罪者が手にした斧のようなものであるーー
数十年前にアインシュタインが残したこの言葉は
そのまま
今日の原発が象徴する”人類の科学技術の使用法”への明白なメッセージになってしまったようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:意識・認識・認識論 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/09/20 00:02 】

| 哲学 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |