FC2ブログ
イタリア~ウェルギリウス~古代ローマ/アントニウス/オクタウィアヌス/ブルートゥス~ダンテ/神曲~エイヴラム・デイヴィッドスン
夕映えのローマから・・・
PAP_0322.jpg

ウェルギリウス
古代ローマの偉大なる詩人です。
誤解を恐れずに言えば
ヨーロッパ文学史上最大の詩人
とも謂えるかもしれません。

ガリア地方(現在のヴィルジーリオ)のアンデスという農村に生まれ
ミラノ、ローマで天文学、医学、修辞学から弁論術に至るまで広く学び
最終的にエピクロス学派の哲学を修めた人物です。

彼の詩創作活動の時代背景をみますと
ユリウス・カエサルが暗殺され
アントニウスとオクタウィアヌスが
フィリッピの戦いでブルートゥスを破った辺り、
そんな激動の時代です。
後にその勝者オクタウィアヌスが、戦いの功績として退役軍人に農地を与えるため
イタリア随所で農地没収を始めます。
ウェルギリウスもその例に漏れず没収の憂き目にあいますが
彼の卓抜した才能から有力者の庇護を受けています。

1802年にパリで出版されたウェルギリウスの作品集。
そこに在るものは
価値基準の根底に自然を置き
自然は真実を映す鏡である
とする考え方であり
さらにその被造物を通じてあらゆる教訓を得るべきという
(現代人も今、尚強く求められている)
謙虚で真摯な姿勢です。

農耕牧畜の愛しさ、自然を慈しむ心を伝え
自然との共生を願う人間本来の立場から
透徹した眼差しでその理念を顕しています。
遥か2000年の昔、紀元前にして
日々の農作業を
農学における環境科学的観点で捉えているんですね。

遺稿として残された作品”アエネイス”には
彼の50年の人生のうちの11年間が費やされますが
未完のうちに亡くなっています。
死の直前に自身の原稿を総て焼却するよう強く望んだと伝えられていますが
皇帝アウグストゥスは、刊行を命じたそうです。
個人の意思はさておき、それは賢明な判断でした。
というのも此の”アエネイス”は
ラテン文学の最高傑作とされる一大叙事詩です。
ギルガメシュ叙事詩、神曲、ベオウルフ、ニーベルンゲンの歌、ローランの歌など
素晴らしい作品は数多く残されていますが
ラテン文学で”アエネイス”に影響されていない作品はないと
されているほどなんですね。
”アエネイス”は全12巻から構成されていますが、
(吟遊詩人のホメロスナイズされている感もありまして)
前半、主人公トロイアの王子(アエネース)がトロイア陥落後、地中海沿岸諸国を彷徨し
カルタゴの女王ディドーとの悲恋を経てイタリアに辿り着くまでを”オデュッセイア”的に
また後半、イタリアティベリス川を遡上しパラティヌスの丘にパランティウムシティ(ローマ市の前身)を建設したエウァンデルと同盟を組んで、地元の首長を破り、新しく市を誕生させる処までは”イリアス”的に描いています。

かのダンテも”神曲”において
ウェルギリウスを主人公ダンテの指導者として登場させ
彼らふたりの地獄・煉獄の軌跡を辿っていました・・。

ヨーロッパ中世には
”ウェルギリウス伝説”なるものがありまして
多くの作品でウェルギリウスがモチーフとされていました。
最近でもSF作家のエイヴラム・デイヴィッドソンが
ウェルギリウスは”魔術師”であって”詩人”ではなかったとした小説を発表し
それがシリーズ化までされているという熱狂ぶりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/11/01 17:34 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(9) | トラックバック(0) |
| ホーム |