FC2ブログ
芸術の国フランス~ルーブル美術学院~エコール・デュ・ルーヴルの教育体制~1パーセント・アーティスティック~、ルーヴル・アブダビの創設
20070106.jpg

歴史的建造物の外観を大切にする国ということでも
印象的なフランスですが
そんなフランスには
1パーセント・アーティスティックなる法律があるようです。
この法律、フランスの国公立の学校が校舎を新築する際には
その予算の1%を現代芸術家の作品購入に充てる
という制度らしいんですね。
ルーブル、オルセー両美術館が象徴するような芸術作品の保存に留まらず
芸術家の支援体制を確立させていることに流石、芸術の国フランス☆なんて感心してみたりしていた訳ですが。
さらに
エコール・デュ・ルーヴルの教育制度を知り・・・。

このエコール・デュ・ルーヴル
訳しますと”ルーヴル美術学校”とか”ルーヴル美術学院”といった感じで
その名の通りルーブル美術館の一角にあります。

フランスの由緒あるグラン・ゼコールに属するのですが
フランスにおける、最高度の美術教育機関の一つと謂われ
パリ大学より上位にくるフランスのエリート教育機関らしいんですね。
ですが素晴らしいのはその先・・教育の実態といいますか
生涯教育含めその教育体制が凄くて・・・。
私もこの美しい建物を幾度となく通り過ぎて久しいのですが
この度、機会あってこちらのHPを初めて拝見した処から少し調べ初めまして
フランスにおける
芸術の社会的位置付けの高さを思い知らされた次第です。
因みに芸術家を目指す方たちが集うのが、
セーヌ川の対岸に在る”エコール・ド・ボザール”なんですね・・。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

いつかルーヴル・アブダビを訪れるのが夢です・・。




スポンサーサイト



テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

【 2012/11/21 17:31 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム |