FC2ブログ
ギリシア神話Ⅲ~ホメロス/オデュッセイア~アイルランド/ジョイス/ユリシリーズ~善悪の彼岸/ニーチェ
121124.jpg


アイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスの代表作”ユリシーズ”
その原型となった作品はホメロスの”オデュッセイア”
ユリシリーズはそのラテン名なんですね。
執筆中のジョイスが
文芸作品上でオールラウンドのキャラクターは
キリストでもファウストでもハムレットでもなく
オデュッセウスだと力説していたように
彼が文藝史上稀にみる魅力的な登場人物であったことだけは
否めないように思います。


”オデュッセイア”のなかでの
ナウシカのオデュッセウスへの愛
届かない想い
この先二度とは逢えないであろう別れの場面での言葉
を引いて
ニーチェは、自著”善悪の彼岸”の中で
ーー人生を終える時にひとは、
オデュセウスがナウシカと決別したように
別れるべきだ。
恋々とするよりはむしろ祝意のうちにーー
と記していました。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


こうしたときに
できるならば
穏やかに
そして凛として
在りたいと思います・・。




スポンサーサイト



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/11/29 22:49 】

| 文学~小説/詩/名言 | コメント(9) | トラックバック(0) |
| ホーム |