FC2ブログ
印象派の人びと~ジュリー・マネの日記/肖像~ ルノワール/モネ/ドガ/マルメラ~ベルト・モリゾ~バタイユ
私が16歳になった今日の朝陽
ほんとうに素晴らしかった
それは薔薇色
ベンガル花火のような完璧な薔薇色だったの
総てがヴェールに包まれたよう・・・
1984/11/14Wed.
~(私訳にて)”ジュリー・マネの日記/印象派の人びと”より

middle_1275809815.jpg

絵画のなかの少女ジュリーの
憂いを含んだ淋しげな眼差し
彼女の瞳の先にあるものとは・・・

ジュリー・マネ
西洋近代絵画のプレリュード
19世紀半ば
パリはカフェ・ゲルボワで芸術論を繰り広げる若き画家たち
クールベとともにその中心的存在であったマネ
そして
彼のモデルであり女性画家でもあったベルト・モリゾ
このモリゾはバタイユに
”君がいなければ、マネは印象主義の絵画は描かなかったであろう”
とまで評させた魅力的な女性でした。
ーー光と色彩の祝祭
    印象主義のひとつの星ーー

この女性とマネの弟ウ―ジェーヌの間に生まれた女の子
それがこの肖像画の少女ジュリー・マネ、
ルノワール1884年の作品です。

ジュリー15歳からその7年後
ドガの紹介で彼の弟子エルネスト・ルアールと
ルーブルで巡りあい結婚をするまでの日記は
19世紀フランス絵画界の貴重な記録という側面もあり
”印象派の人びと~ジュリー・マネの日記”
として書籍化されたものでした。
(今日では絶版のようです)

両親揃って画家という家庭環境も然ることながら
ルノワールを始めとした
モネ、ドガ、ルノワールそして象徴主義詩人マラルメら
一流の文化人に囲まれ育ったジュリー

ですが
16歳でジュリーは相次いで両親を失います。
孤児となった彼女に芸術家たちは救いの手を差し伸べ
マラルメを後見人とし
印象派の画家たちに見守られながら成長したその日々が
ソフィスティケートされゆく彼女の
優れた美観と感性に基き
豊かな色彩と情景の描写となって
初々しく綴られた日記です。

随所に鏤められた
モンマルトルの丘の上に暮らすルノワールとのエピソードは
取り分け胸に沁みます・・。

img_1224457_47212932_0.jpg

こちらはルノワール
”猫を抱く子ども”

少女の可愛らしさも然ることながら
抱かれている猫の幸せそうな表情が印象的な作品です。
日本の三毛猫のよう・・
フランスではトーティ・アンド・ホワイト
トライカラーとしてトリコロール、ジャパニーズボブテイル
なんて呼ばれたりもしている品種で
往時のモネの”ラ・ジャポネーズ”
広重に傾倒したゴッホらのような
ジャポネズリー、ジャポニスム的要素
(浮世絵には猫もよく描かれていました)からの影響もあるものでしょうか。

そして
この少女は
冒頭の作品の7年前のジュリー・マネ
愛情深い両親に見守られ
穏やかに優しい時間を重ねる
ジュリーの肖像です。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/12/17 00:18 】

| 絵画/彫刻 | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |