FC2ブログ
私的文学論Ⅲ~矛盾の法則~ヘルマン・ヘッセ~車輪の下/春の嵐/デミアン~トーマス・マン/魔の山~ゲーテ/ヴィルヘルム・マイスターの修行時代~エッシェンバッハ~ヘルダーリン~ノヴァリース/青い花~ビーダーマイヤー
海を見に行きました
本も持たず
ただ
ひたすら
太平洋を眺めていました。

DSC_0709.jpg

早春と呼ぶには春まだ浅い2月の朝陽は
限りなく穏かで
優しくて・・・

波間から
溢れくる豊饒な揺らめき
その美しさに
小さなときめきさえ覚え
たゆとう光と影の舞踏に酔わされます

危うく引き込まれそうになるのを
避けるように
鳶色のソファー奥深くに
身を委ねます
注意深く・・・

ゆっくりと
確かな傾きを見せる
暖かさに満ちた光の帯が
果てしのないような空を
オレンジに染めてゆきます

ともすれば見過ごしてしまいそうな
大切な想いと
深い洞察を湛える夕陽の煌めき

午後の柔らかな放射は
迷いに蹲る私をも
静かに包み込んでくれました・・・。



儚さと永遠性を交錯させる海のなかに
矛盾の普遍性を思います。

私たちは
矛盾の軛から逃れることはできない

何事も思う通りになんてゆく筈もなく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


あらゆるものの発展過程に
そのプロセスの総てに
矛盾の運動は存在するということ。
そしてまた
矛盾は相互に依存し
抗衡します。
ですがこの相克こそ
対象を成熟させてゆくものに他ならないんですよね。


思考の領域でもそれは同じで
私たちは
自己を解決してゆく過程で
矛盾が避け得ないものであると思い知らされます。
そして
時に不条理となって
私たちの前に立ちはだかります。
然しながら
社会を構成する
私たち各々が持ち合わせている処の概念
その差異とは
客観的矛盾の投影とも看做される訳で
この客観的矛盾が、
主観的な思索に投影され
概念に矛盾運動を呼び起こし思想の発展を促す
言い方を変えれば
矛盾を解決せんとする思想的相剋なくば
人がひと足る意味の停止にも繋がりかねないとも言えそうです。

こうした矛盾の原点に
時代の価値観にさえ立ち向かい
真摯に向き合った作家のひとり
ヘルマン・ヘッセ。

先日の記事で彼が
”自分自身へ至る”道を模索し続けた書として
”デミアン”をご紹介させて戴きました。
ですがこちらは
ヘッセの孤独で深淵な精神世界が克明に描かれており
無作為にこの一冊を手にして
作者の意図をすんなり飲み込むには
確かに難解な類の書であったように思います。

今日は主に
この書を読まれた方に向けて
ささやかな考察を綴らせて戴きます。


********************************************************



スポンサーサイト



続きを読む

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2013/02/11 20:32 】

| 文学~小説/詩/名言 | コメント(24) | トラックバック(0) |
| ホーム |