FC2ブログ
日本文学の香る街 Ⅱ~横浜~山下公園/山手/外人墓地/ゲーテ座
DSC_0076_20131028120550e38.jpg

先に綴った鴎外”舞姫”のような
横浜の其処此処に纏わる
美しき描写
時にdescription(depiction)
時にportray(depict)
そのパワー
それは
陽の光が私たちを包み
カラダの隅々まで浸透してゆくように
文章に散りばめられ
その耀きが
褪せることはありません。

伝統的日本語を駆使し
豊かな教養に裏打ちされた
人間味溢るる豊かなフレーズが
港からの緩やかな風に載って
道行く人に語りかけてくる・・・

(漱石の系譜・・ケーベルの影響のもと教養の観念の拡充と積極化に貢献したのは白樺派
そのトルストイ的人道主義、宗教的浪漫主義から”思潮”へ
そして岩波の”思想”へと高まりをみせる
もっと言えば
福沢諭吉に代表される啓蒙思想の反動であったものでしょう。
非科学的非政治的傾向の支配
それこそが
皮肉にも
古典に傾倒させ
そこに高い価値を与えたことも
事実であろうかと・・)

白い帆の浮かぶ海のコバルトブルーに
鄙びた洋館の佇まい
不規則に凹凸を刻む歩道の石畳に
樹々の梢に羽を休める
海鳥にさえ
ココロ揺らすストーリーが息衝いていて。

港を眺むれば
有島の”或る女”が

山下公園を逍遥するなら
三島の”午後の曳航”を

外人墓地の在る山手の丘に立てば
川端の”乙女の港”

少し下ってゲーテ座前をぬければ
芥川のあの”サロメ”のエピソードが胸を
熱くします。

例をあげれば枚挙に暇なく
日本文学にゆかりの深い街
そのひとつ横浜が
私は大好きで・・・

聴こえ来る文士達の深き想いに
鼓動が高鳴る瞬間
日本文学の薫り高き地

DSC_0038_2013102814534102f.jpg

仕事の合間の僅かなひとときに
そして
休日にはどっぷりと
その感慨に耽る・・

見慣れた通勤風景が
散歩道が
突然感動の舞台に変るとき・・・

YOKOHAMAライフ満喫です♪















スポンサーサイト



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2013/10/29 01:00 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
| ホーム |