FC2ブログ
時空の絶対性/ニュートン~芸術と科学の情動~相対性理論/ガリレオ/アインシュタイン
時空の絶対性は、美を喚起する

DSC_0260.jpg
time and space

時間と空間の絶対性は
確かな美を
喚起するように思います

あくまで文系的文脈ですが

law of universal gravitation
ニュートンが示したその絶対性と
ガリレオの相対性原理を駆使した
アインシュタインの両相対性(理論)

ニュートンの重力理論に基づく手法と
アインシュタインによる一般相対性理論に基づく手法では
導き出される計算値は近似値
でありながら
この二つの理論その原理は
根源的差異があるようなんですね

そう
アインシュタイン方程式の万有引力は
ニュートン力学的力でなく
重力場の時空の歪みと説明されており
その作用は、光速度・・・
絶対的であったはずの時間が
運動状態の違う者では異なる進み方をし
時空は物質の存在(重力)によって歪むのだとか
延いては
この宇宙からすべての物質が消え去ったとして
唯一残る筈の時間と空間さえ
無に帰すという相対性理論。
それでも現実的には
というか
この地上での現象も
かのアンドロメダ銀河でも
要は、観測可能な総てのエリアにおいて
両理論値には差異はないという
ココなんですけれど

アインシュタインリングといった
解りやすい彼の予見など
理論だけでアインシュタインワールドを構築した彼は
ニュートンのように自然現象だけを対象に法則を見出す物理学に対して
そうしたところから生み出された法則を基盤に現象を予測するといった
人間視点を加えていったものなんですよね

アインシュタインが自身で語っていたように
存在の神秘性を愛し
それをして
”芸術、科学の根源に内包されるエモーション”そのもの
と位置づけていたことからも伝わる様に
観測者(人間)視点となることで
さまざまなパラドクスが生まれることも
承知の上、
彼の言葉通りその情動から
発想の自由度を
最大限に謳歌しながら理論を構築した物理学者であった様子が
よく伝わってきます。

17世紀のガリレオから400年余り
数理物理学の歴史は
まだこれから
ということなのでしょうか・・・・。





















































スポンサーサイト



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/03/21 15:08 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
| ホーム |