FC2ブログ
水曜日のエミリアへ~Ayelet Waldman


休日の街で
タイトルに惹かれて
購入したpaperback

弁護士出身の作家
アイアレット・ウォルドマンによる
”LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/THE OTHER WOMAN”

愛とそれとは別の不可能性の探求・・・

実際、こちら
日常に潜む
不可抗力とも云える愛に翻弄され
それぞれの立場によって
意図せず傷付け合ってしまう
人間関係の難しさ、
そのせつなさを
描き出した小説なんですね

科白のひとつひとつに
無理がないと申しますか
リアリティはありますね

たぶん
こうしたことって

あるんだろうな
と。

登場人物たちが抱える
どうにもならない感情
行き場のない想い
やり場のないココロ

けれど

どこから
どうしたって
不可能性の塊のような状況であっても
現実の
”弛まぬ努力”
そして”愛を含んだ時間”
って
それをも乗り越えさせる
何かを秘めている・・・
と信じたい

というより
信じてみたくなる作品かもしれません。

個人的には
(心の動きは別問題として)
行動には理性的選択が可能かと
思う処はあるのですけれど。

それでも

辛い時こそ

ゴシック期に
あのマルティーニが醸し出した聖母マリアのしなやかさ
纏っていたい・・・と
ふとそんなことを想った物語でもありました。

こちらの小説
ナタリー・ポートマン主演で
映画化もされているようです

邦題は
”水曜日のエミリア”










スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

【 2014/06/08 09:20 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
| ホーム |