FC2ブログ
オブロングプラースの彫刻
DSC_0231.jpg

オランダはロッテルダムの
オブロングプラス

休日の午後
待ち合わせで訪れたこの広場で
邂逅したひとつの記念碑

細部というよりは
逆光に映し出された
あのシルエット
否、寧ろ
シルエットの印象的な
作家・・・。


第一印象は
ソフィア王妃芸術センターで対峙した
ピカソのゲルニカ
あそこから
そのまま
抜け出してきたか
のような存在感

それが
ザッキンの彫刻
”破壊された都市”と知らされたのは
それから暫くしてのことだった。

作品の放つ発信力とは
いったい
何なのだろう

観る者の想いを
一瞬で惹き付ける強烈な個性?

歴史の重みを
凝縮させたその密度の濃さ?

作家の魂が
乗り移ったが如くの
精神世界の有り様?

私の躰が
文芸作品や
彫刻、絵画、音楽に渡る
心豊かな芸術家たちが運んでくれる
”情動”に支えられているような
不思議な充実感を覚えるのは
たいていこうした瞬間だった・・・。





※御茶ノ水ニコライ堂近くの”三美神”や
東京湾に浮かぶ “messenger”など
国内でも彼に会える場所
少なくありません

エコール・ド・パリで活躍した作家らしく
パリ モンマルトルには
ザッキン美術館が。

彼の愛した緑豊かな庭の
其処此処に珠玉の作品がならびます。

ひっそりとした
路地裏に佇む
その生き様をも感じさせる邸宅
記憶のなかの作品たちは
今尚
私の心を揺らし続けています・・・・。





スポンサーサイト



続きを読む

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/09/27 18:23 】

| 絵画/彫刻 | トラックバック(0) |
| ホーム |