FC2ブログ
強さの源・・・それは愛~映画 悪人
DSC_0098_20141214193636b7b.jpg

灯台のある岬で

遙か
水平線に
落ちてゆく夕陽を
見詰める眼差し
その
限りのないような優しさ

そんなSceneで
エンディングを迎える
2010年公開の映画 ”悪人”
モントリオール世界映画祭出品作

こちら
2006年からの朝日新聞の連載小説で
その後毎日出版文化賞に
大佛次郎賞を受賞された
吉田修一氏原作の映画です。
絵本版も英語版(”Villain”)も出版されてます。

夕陽を見詰めて
そして・・・
見詰め続ける
主人公のあの眼差しに
監督のメッセージが込められていると
昨夜
”芸術に生きていらっしゃる”ような
アーティストの方がおっしゃられていたんですけれど・・・

とても
共感しました。

真実の愛を知ると
ひとは
強くなれる

こころの中に
汲めども
尽きない
ぬくもりの泉が
生まれる・・・


例え
その愛が
どんなカタチで
あっても・・・。

********************************

ゲーテの
”ヘルマンとドロテーア”の世界観ではありませんが

きっと
多くのひとが
何かを切に願い
何かを夢みながらも
それをそっと胸の奥に秘めて
日々に
出来る範囲のことたちを
ていねいに
仕上げてゆく・・・

他者を想い
感謝のうちに
一日
いちにちに丹精を込める
その積み重ねの大きさこそが
ヴィヴェーカーナンダが導かれるような
ひとつの
美しい(大きな境地へ誘われる)
生き方なのかもしれません・・・。


























スポンサーサイト



続きを読む

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2014/12/27 07:11 】

| 映画 | トラックバック(0) |
| ホーム |