FC2ブログ
世紀末芸術  断章 Ⅵ~ダンディズム
DSCN6885.jpg

大量工業生産が齎す豊かさ
その背後から押し寄せる
物質、精神両面に渡る
平準化の波

個性の喪失による
美的精神性の欠如を
憂う者たち。

物質至上主義に
歯止めをかけるべく
”精神的貴族主義”を掲げ
藝術の優位性を説く

それは
近代的意識からの脱却であり
西欧文明への反旗でもありました。

華麗、繊細、優美を絡めとり
時に倒錯に陥りながらも
美の殉教者たろうとする
彼らの思想的葛藤には
絶えず憂愁のヴェールが舞い降ります。

高度の教養が要求されるがゆえ
星屑も似た輝きを魅せるそれを
美しく死ぬ技法とした
ヴェルレーヌの想い
そこには
人として最も大切な高貴さ
観念の本質を守ろうとする
滅びの美学にも近しい
深い精神性が湛えられていたようです。

そしてそのまま
旧態然としたパリ文壇
ブルジョワ階級への低俗性批判でもあったんですね。



齎される覚醒は
詩という美酒に酔う
ダンディズムから・・・。





























スポンサーサイト



テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2015/04/23 17:51 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
| ホーム |