FC2ブログ
光と翳~ヘーゲルを想って


聳えたつ木立
その美しさは
絶え間なく降り注ぐ光と
大樹が齎す翳りの協奏からも感受できます。

それは
私たちひとりひとりの種々の営みを貫くべく
ロゴスの光と翳を見詰め続けた
かのヘーゲルの思索の美しさに少し似ているようにも思います。

ヘーゲルは巷で誤解されているような
人間の理想像を追い求めた訳でなく
寧ろ、個々の生に忠実であった
まさに”具体的普遍哲学”であったと
私は解釈しています。

そうした立場で
大樹を俯瞰で眺めていると
彼の著作が如く
語りかけてくる何ものかを感じてならないのです。












スポンサーサイト



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2015/09/10 18:20 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
| ホーム |