FC2ブログ
旅愁のまにまに ⅹ


シラーが愛した自然”は
トーマス・マンの云う”生”と重なる
それに気付いたのは
初めて此の運河を訪れ
シラーの文学的エッセイを読み耽った翌日の
朝陽のあたるカフェだった。


























スポンサーサイト



テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【 2015/09/23 03:22 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | トラックバック(0) |
| ホーム |