FC2ブログ
愛しい時間~余韻の海を泳いで
DSC_0304_201510131613391d6.jpg

小説であっても
詩歌であっても
絵画であっても
彫刻であっても
また
音楽であっても

何とも謂えぬ
余韻ある作品というものが
ありまして・・・。

それは時に心象風景のような
イメージの残照であり
時に
懐かしき旋律を呼び覚ます響に変わります。
またある時は
想像(創造)の世界に誘われ
またある時には
作品世界をそのまま共に歩むといったような
錯覚に陥る。
実にさまざまな余韻のヴェール
ですが
共通しているのは
そこには確かに
静的で奥ゆきのある世界観が構築されているということ
そして例外なく
持続性のある美が備わっているということであります・・・。


















スポンサーサイト



テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

【 2015/10/26 00:02 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
| ホーム |