FC2ブログ
映画 幸福~さよなら幸福
DSCN9864.jpg

切ないほど鮮やかな色彩に
ヌーヴェルバーグ
セーヌ左岸のひと
アニエス・ヴァルダ監督作品
”le boneur”を想起しました。
邦題はそのままに
”幸福”

雨に始まり雪に終わるという映画美にも似た
ピクニックに始まり
ピクニックに終わるという
所謂、映画文法をこれほどまでに
際立たせた理由(わけ)は
一見幸せな筈のピクニックという語感がゆえの
そのラストシーンが含むある哀しみ。

胸が締め付けられる情景を
出来過ぎなほどに
モーツァルト独自の音楽性が包みます。

プレリュードに”アダージョとフーガ・ハ短調”
続く
”クラリネット五重奏曲イ長調 ”その第1楽章。

あれを幸福と呼ぶなら
幸福なんか求めない
そんな声も聴こえてきそうな
”忘れられない映画”です。












































スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2015/11/03 00:42 】

| 映画 | トラックバック(0) |
| ホーム |