FC2ブログ
菜花畑~ブルゴーニュ Ⅰ/ロマネ・コンティの記憶
201603221259371.jpg

小さなしあわせ

そんな素敵な花言葉をもつ菜の花
優しい光を含んだ
綺麗な黄色が春告げ花に
相応しい存在感を放っています。


          *


フランス東部
ディジョン郊外に広がるブルゴーニュ地域圏
セーヌ河やローヌ河の源流域であり
運河でも有名な地ですが
この季節には
見渡す限りの菜花が咲き誇るんです。


          *


そしてこの高原
かの(ブルゴーニュ)ワインでも有名。
なかでも(ニューヨークはクリスティーズで、1本20,000USDで落札されたこともあるという)
名酒ロマネ・コンティを生んだ場所でもあるんですね。

葡萄畑の名がそのままワイン名になったという
その畑は、当にフランス革命前
ルイ15世の美しき愛人ポンパドゥール夫人と争った末
手に入れた(それ以前は文字通りロマネー古代ローマ人ーの手によるものだったそう)
ブルボン朝コンティ公の所有地だったことでも知られています。

ロマネ・コンティに親しんだこの時と
同エリアで魅せられた
菜の花の優しいレンモンイエローという
極めて個人的印象がリンクし
高まった
ロマネ・コンティへの或る特別な想い。

”いつかきっと大切な時に・・・”

ささやかですが
私にとっては
限りなく愛しきエピですゆえ

このBLOGの片隅に
こうして
そっと
綴らせて戴きました・・・。




















































スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/03/24 16:53 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
| ホーム |