映画“父/パードレ・パドローネ”〜自然と言葉と・・そして愛
DSC_0001_20160523111838b5e.jpg

高名な言語学者ガヴィーノ・レッダ氏の
“Padre Padrone”(英語圏ならば“My Fathe My Master”)
タイトルそのままに、彼のお父様(必然御自身のルーツ)を描いた自伝
を映像化した、映画“父 パードレ・パドローネ”

1977年の製作で
イタリアはサルディーニャ島が舞台になってます。
故、彼、たぶんギリシア神話のOedipus意識してますね(笑

ファーストシーンをエンディングでも使う演出
この手法が
ほんとうに
効果的に効いて

観る者に深い余韻を齎す構成になっているのが
印象的…。

いかに理不尽に見えても
いかに不器用であっても
抑えても
隠そうとしても
溢れて
伝わってしまうのが

なんですね…。

そして
そこに
愛さえあれば…

受け手が好むと好まざるに拘わらず
何処かで
何かの
実を結ぶものでしょうか。

         *

自然の音に耳を澄ませながら
幼少期を過ごした彼が
見えない糸に導かれるように
言語学者になったことと

言語(話し言葉から詩文、散文まで)が
音楽の一部でもあるということとは
無縁ではないのかもしれません。

話す声のリズムやトーンに
美を纏わすもの。

それは
それ以前に身に付けた
音楽的能力が関与する
と言ったような意味合いのこと
かのダーウィンも記していましたけれど。

言語が音楽から生まれたと考えた彼の
主張に一定の理解は私でもできます。

具体性には欠けるかもしれませんが
音楽も言語と同じように
情感を伝えるという大きな共通項もありますし。

ポリフォニー(複数の旋律や和音)を
奏でる音楽の響き
それは
五感を働かせ深層に訴え
体内で処理され
複雑な感情の理解を生む

言葉を持たないが故に伝わるものは
計り知れなくて

そこでは
和音進行から対位法、
調性に転調など
多岐にわたる見事な話法(楽典)が
貢献しているようで

謂わば世界共通言語でもある
音楽世界に
思いを馳せれば馳せるほど
鮮やかなるその技法に
延いては
言語
その美しさに
感無量であります・・・。


































スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/31 17:51 】

| 映画 | トラックバック(0) |
As Good as It Gets~これ以上はない最善


生のなかで目標とされる
完璧や最高
ですが
不可抗力にも近い
環境や状況、状態に左右されてしまうケースは
少なくありません・・・。

けれど
“As Good as It Gets”は
救いのないような
八方塞のなかにあっても
誰もが
最善を尽くし(求めようと)さえすれば
必ず手にすることができる

手の届くところにあるもの
なんですよね・・・。

(ポジティブに捉えることができるなら)
素敵だなって
思うんです
この言葉。

限られた条件のなかで
最善を尽くしたと言い切れる
潔さも好きで・・・

そんな生き方したいナって
思ってます。






※ビジネスシーンなどでは
幾分諦めモードにならなくもないこの言葉
ですが
仕事も基本
何もかもが思い通りになんてゆきませんからね・・・
相手のあることですし。

努力の範囲外
一定以上好転しない状況を
どう受け入れるかという
精神力の鍛錬にも
活かせる言葉なのかと・・・。



















テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/30 19:41 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
文学の源流 ディスクール Ⅲ
DSCN1407.jpg


ゼウス神殿を擁する
オリュンポスの山

かつての
エーゲ海沿岸に繁栄した
古代ギリシア文明

その基本的文献は
ホメロスの手による”イーリアス””オデュッセイヤ”
を初めとするヘシオドスらの叙事詩

夥しい数の神々やそのエピソードは
世界各所それぞれに混沌に陥りがちですが
ギリシアのそれは
彼らと、時代を下ったあのアポロドロスによって
整合性を与えられ
洗練された体系の確立が叶ったんですね・・・。


※1アーリア人によって滅ぼされた
インダス文明と
彼らが持ち込んだ”リグ・ヴェーダ”
後のバラモンたちのウパニシャッド文献
さらに後の”マハーバーラタ””ラーマーヤナ”
これらのすべてが包括され築きあげられたインド神話の
複雑さ・・・
その円環的ヒンドゥーの世界観は
未だ汲めども尽きぬ未知の空間であり
その扉の前に立ち竦むばかりでいます・・・。

※2言語が違うと
人名の発音も変わってくるので
(←ご興味ある方は過去記事読んでね)
注意が必要ですね・・・。

モーツァルトのオペラ・ブッファ
”ドン・ジョヴァンニ”のGiovanniは
イタリア語読みなんですね。
元祖となるスペインでは“ドン・ファン”
(JuanのJ、そしてGも、
スペイン語ではハ行に聞こえますし
逆にHは、ゼロ。発音されません。
スペイン語タイトルならば、リヒャルト・シュトラウスが
交響詩を書いてます)
フランス語なら“ドン・ジュアン”
(仏語タイトルでは、トルストイやモリエールは小説をバイロンは詩を書いてます)
になるんですね・・。






















テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/29 21:09 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
文学の源流 ディスクール Ⅱ~高き者北欧のオーディンを想って
DSCN1466.jpg

ーー広く世界を見詰め
   遍歴、遊歴を重ねし者だけが
     知恵という名の富を有することができるーー

こちら
北欧神話最高神
”崇高なる者”
と称されてきた
オーディンの言葉
ですけれど・・・

確かに
広い視野
高い視点から事象を眺めなければ
見えてこないもの
ってあるのかもしれません。



         *


古代から
脈々と受け継がれてきた物語たち。

ギリシアから北欧
ケルトからインド、メソポタミア
そしてエジプト延いてはラヴクラフトのクトゥルーまでの
神話世界。
そこで紡がれたSTORYは
遠い夢物語なんかじゃなくて

現代のこの在り様も
そんな神話たちの変奏
と見れなくもない・・・
それほどに
人間社会とは遍く
多様性多重性を
内包しているものなんですよね・・。






























テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/28 20:35 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
文学の源流 ディスクール Ⅰ
DSC_0197_20160523110342374.jpg


ファンタジー文学
その源流は
たぶん”聖書”
そして”ギルガメッシュ叙事詩”
或いは”アーサー王伝説””マハーバーラタ”など
各国の伝承なんですよね。

(古典文献の引用溢るる重厚な作品
”指輪物語”を紡いだトールキンは
言語学の権威で
自らゲルマンの叙事詩”ベオウルフ”を翻訳されています。)

ですがその旧約聖書の有名なエピソードの
大枠に酷似したプロットは
既にヒッタイトやメソポタミアの石板に記されたものであったことが
発掘された何十万点という記載の解読で立証されていますけれど
驚くべくは
そこには詩的リズムがあり
ストーリーテラーとしての技巧が随所に組み込まれてもいたということ
かつ内容は壮麗で
荘厳なトーンを備える
偉大なる文学であったという
事実であります。



















テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/28 09:14 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
ディルタイ~マキャベリ論
DSC_0245.jpg

かつて読んだディルタイの論文
彼のマキャヴェリ論が忘れられません。

そこで提唱された
”時務の論理”
それは、実践的悟性の論理であり
そのまま政治の論理でありました。

政治的行為は
他のあらゆるものに勝って
技術的でなければならぬ
とするものですが
とりもなおさずそれは
国家技術の論理であり
理性的立場に立つものであります。

ですがその理性は
理論的理性でなく
実践的理性
即ち
カントやフィヒテのそれとは
一線を画したものであった訳です。

マキャヴェリは
道徳の自律性を認めていなかった
ということなんですよね・・。

国家の理性には
国家の必然性と
技術的理性が混在する訳ですが
彼の透徹した眼差しは
道徳的要求からのある逸脱が
容認されるケースを
見抜いていたんですね。

ですので
実践的理性
悟性なんですね。
此処に
論理と倫理の繊細な関係性が見て取れます。

未来を予見しようとするなら
必ず過去を学ばなければならないという
言い古されたセオリー
ですが
同一の情念を備えた人間たちが為してきた過去です故
そこに政治学の可能性をみるというのは
至極当然のスタンスではありましょう。

実質何が支配しているのか
それを見極めることの意味
類似性から類推し判断する
時務の論理は
経験的事実
客観的認識を前提としているんですね。

マキャベリが政治学の基礎を
人間学に求めたこと
しかもその人間を
ひとつの自然力と看做した
そのこと

経験科学的で歴史認識的
そう
技術には
客観的認識と主観的目的
その統合が求められるということ。

中世の従順、謙虚、地上性、彼岸性を否とし
古代ギリシアの
人文的名誉、勇気、力を是としたんですね。 

国家の技術とは
歴史的現実の支配であり
その支配は現実に従っているということ。

主観、客観
一般的、特殊的
その統合の先に
時務の論理があり

マイネッケの国家理性
その二重性
自然へ向かい
理性へ向かい

その統合を求めることこそが
技術的国家の理性ということなんですね。

内面的親和力で
実践的構想力を把握したマキャベリは、
ミケランジェロたち優れた芸術家たちだけが持ち合わせる
実証的構想力へと進め
結果、創造的構想力を身に付けた稀有の政治家だったのかと・・・。



























テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/25 10:01 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
自然のなかに
DSCN1035.jpg

ゲーテは恋人と
古典的芸術の鑑賞をすることが
人生の至福と
記していましたけれど。

普遍性を備えた
古典ですえ
それが美の源泉となり
ともに感じたいのは
凄く解ります(笑

ただ
私なら
やはり
ともに
自然を感じたい

好きなひとと
自然のなかを歩きたい・・・。














テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/05/25 01:20 】

| 私的恋愛論 | トラックバック(0) |
月の綺麗な夜に〜ギリシア文明・・・そしてローマ文明が為したもの
DSC_0012_20160523110236073.jpg

DSC_0008_2016052311023531c.jpg

シャンゼリゼ ロンポアンからアルマ橋までのモンテーニュ通り
このエレガントな散歩道の一角に位置する
プラザアテネ。
一階の回廊にあるカフェ サロン・ド・テは
プラザアテネならではのカフェ。

此処、
プラザローマではイメージが違い過ぎる
それほどに
ローマとアテネは違う
背後に在るのは
ギリシア文明
そしてローマ文明。

豊饒なる精神をもってしまったが故に
苦悩する存在・・
そんな人間たちへの賛歌を
荘厳に謳い上げた
詩人ソフォクレスは
2000年以上の時を超えて
今なお私たちの心を震わせる・・・。

そう
彼は、あまりに
ギリシア的な
ギリシアのなかのギリシア人。

実用的でないものほど
美しいのかと
そんなことをも感じさせたひと。

*

芸術、文学、哲学そして科学が構成するギリシア世界。

対するローマ
クォヴァディスの舞台となったアッピア街道オスチアの遺跡に
カストラからケルンまでのライン河岸遺跡群など
実際主義に蔽い尽くされたローマン世界
その厳然なる有り様。

然し
自分たちが征服したギリシア文明を
見事に今に伝えたのは
他でもないローマ人たちなのだ。

時代やエリアを超えた
健やかにも均衡のとれた
精神性を
熱く深く
こうして
受け取れることの意味。

*

両文化が生きた世界が
見詰めた世界観が
異なったところにこそ
今を為す美しき欧州
その秘密があるようにも感じてます。

DSC_0015_20160523110238919.jpg





























テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/24 01:44 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
Alone〜めぐり会うために


Alone 僕らは
それぞれの花を抱いて生まれた
めぐり合うために
Alone/B'z











テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/22 22:18 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
シューベルトの音楽性その先に
DSC_0416_20160514202807f45.jpg

独立性を保っているかに聴こゆ
シューベルトの音楽


けれど
その先には
あの
ミューラーの詩世界が
静かに息衝く


内奥で溶け合い
響きあう感性と感性が
醸造され高まりゆく
至高の芸術

なんてpureで
なんて美しい旋律


















 

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/05/20 21:15 】

| 音楽 | トラックバック(0) |
言語その文化的洗練を思って
DSCN1421.jpg

優雅、明晰とされる
フランス語
ですが、それには其れ成りの理由が・・
と、申しますのは
コンラールの文学者たち
取り分けプレイヤッド派詩人
プレシューズらが
ひたすらに繊細優美な表現
例えば、文章の陰翳を編み
古代人に引けをとらない
言語の格調をも
しっかりと重んじてきたという
そうした細やかな努力があったから
その賜物なんですね。

それは
イタリア文学は、芸術的
英国は、個人主義的
スペインは、騎士道的
そして
フランスは
社会的、社交的などと評される所以でもあり
アカデミーフランセーズは
それを牽引して来た・・・
そもそもフランス語
その成り立ちはと云えば
ガリア地方で遣われていた
所謂ラテン語
それが口語化して
中世フランス語に発展
こちら
俗にいうロマン語ですが
それが
現代フランス語の原型となった訳ですが

対する
ドイツ語はと謂えば
ゲルマン的なるものをうちに秘めた
古代高地ドイツ語に始まりました。
あの恵まれない北方領土で
海洋を持たずに生きる彼ら。
必然、森の散策は内面へ向くようで
そこでは柔軟な思考性を身に付け
自己を紡がねばならない。
そうした傾向が反映されてか
意力的性格が濃く
その徹底性にして
ドイツ文学あり
といったような印象です。

思索性、形式美
その問題追究からの文学は
正に、日本の雅趣とは
対照的緊張を有していたよう・・・
その典型が
ゲーテ、シラーのドイツ古典主義だったのかと。

ニーベルンゲン
騎士精神 
英雄叙事詩
ジークフリート
戯曲的構成
運命感
意志
energy
ロマン派価値
ワーグナー
エッシェンバッハ叙事詩
フォーゲルワイデ叙事詩

改めて
ドイツ文学性の
文化的洗練
そのルーツに酔っています・・。

  




愛とは
ただ、ふたりの心の歓び
ふたり分けあえば
それが愛・・・
〜菩提樹の下で/ゲーテ












テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/19 01:49 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
サティのうた〜“純粋”を愛したひと
DSCN1141.jpg

ロマン派からの脱却
印象派の否定
耽美主義を乗り越えての
精神の解放

それは
ありふれた呟きのようでいて
輪郭線の顕著な詩であり
時に光の如く
聴き手を照らす。
そしてまた
或る時は哲学的風となって
聴く者の孤独に語りかけ
思索を呼び覚ます。

ドイツの土壌では
生まれ得ない
限りなくフランス的なるもの。

パリからモンマルトルの丘へ

コクトーから
サティへ
そしてプーランクへと
受け継がれしもの。

しかも
ドビュッシーやラヴェル
にはない
サティが備えた美。

それは
哀しいほど突き詰められた
純粋さ
そのものと云って
良いのかもしれません。














【 2016/05/17 20:11 】

| 音楽 | トラックバック(0) |
芸術が棲む場所
DSCN1235.jpg

叙情詩は
音楽に憧れた言葉で

そして
音楽もまた言葉に憧れて

そこに
隔たりがあるから

だからこそ
想いが溢れてこぼれる・・・。

絵画
彫刻も

そのもどかしさが
情熱となって
芸術として
昇華されてゆく

美の棲む場所を
垣間見る瞬間です。







































テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/17 00:09 】

| 音楽 | トラックバック(0) |
碧うさぎのうた/LOVE~Destiny
DSC_0435_201605142028108a3.jpg

LOVE~Destiny



























































テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/14 22:04 】

| 音楽 | トラックバック(0) |
Welcome back~愛が棲む場所


理性は感性に憧れ
感性は理性に憧れる 


透明にして
玲瓏なるその形式
その有り様


結えに
美が保たれる
ものでしょうか・・・。























































テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/12 09:01 】

| 私的恋愛論 | トラックバック(0) |
ヴィム・ヴェンダース~映画 パリ、テキサス~Friendship/ひとつ星の州を想って


ヴィム・ヴェンダース監督での
西ドイツ、フランス合作の
ロードムービー的映画
”パリス・テキサス”

人影のない
アメリカの原野を
ひとり歩く謎の男性
そんなシーンから始まるこの映画の
舞台はテキサス。

(そしてL A)さらには
愛するひとを求めて
ヒューストンへと続くドライブ。

タイトルのパリ、テキサスは
(仏蘭西とは無縁の)
テキサス州のパリのことで
作中でさえ
写真のなかにしか登場しません。

見渡す限りの広大なテキサスの荒野
たったひとり
一本の真っ直ぐな線路上を歩く姿は
彼の抱える孤独を
そのまま可視化したような印象を受けましたっけ。

時にドイツのアウトバーンのような道路を
時にスカイブルーの空のもと
時に宵闇迫る臙脂の地平線に向けて
時にワイパーを動かす雨の中
その・・・
テキサスという場所に
或るひとへの
想いが重なって
ふいに
ヴェンダースの映像美が
胸のなかに甦った。
ただそれだけのこと
だったのですが・・・。

       *

Paris,Texas
そのテーマは・・・

なんでしょう、
たぶん
こころ弱いひとのための
バイブル?
(心強きひとに、救い-聖書-は不要ですものね)
そう感じてもしまうほど、
sensitiveな精神への
監督の眼差し
優しいです^^

       *

主人公の男女に限らず
そもそも
傷付け合わない恋など
あるのでしょうか。

好きだから
傷付く

好きだから
上手くいかない。

やはり

離ればなれになってしまった
ふたりを救えるものは
”真実”だけ
ということでしょうか。





※”World of Words”に拠れば
メイン州のある地点を起点に
そこから車で一時間以内の所に
アテネ、ベオグラード、ブレーメン、チャイナ、
デンマーク、ドレスデン、フランクフルト、
リスボン、マドリッド、メキシコ、ナポリ、
ノルウェー、オックスフォード、パレルモ、
ペルー、ポーランド、ウィーンそしてパリス
といった名の街がすべてあるそうですが、
ほんとうでしょうか。
そう致しますと
パリテキサスのあの寂しさもなぜか
納得してしまいます(笑




























テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/10 17:17 】

| 映画 | トラックバック(0) |
ファウストとマンフレッドを想って~ゲーテからバイロンへ
DSCN1048.jpg

ゲーテの”ファウスト”が
バイロンに”マンフレッド”を書かせたかの如く

ファウストが
”真理”のため闘ったように
マンフレッドは
”忘却”のために闘っていた

そう
忘却のために。



もしかしたら
”喪失の自由”ほど
得難いものは
ないのかもしれません・・・・。










































テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/09 19:42 】

| 私的恋愛論 | トラックバック(0) |
自然との一体感~エマソン~スタインベック~ホイットマン



スタインベックがその思想を軸に紡いだ文学世界
それはエマソン的”The Over Soul”の流れを汲むものであり
もっと言えば
ホイットマン(”Song of Myself”)と
死生観を共有してもいるようなんですね。

人間はすべて
宇宙の根源的存在に包括されるという
(ソローにも通じる)自然との一体感

ただ、ホイットマンの円環的死生観と異にするところは
スタインベックのそれが非目的論的で
ソーシャルダーウィニズムに傾いていったことでありましょうか。

全体論と申しますか
無限なる全体なんですよね・・・。

       *

特に
“怒りの葡萄”での
ケイシーの”breaking-through”

思索(瞑想)の先に
或いは
死を前にさせ
見事な筆致で人間に覚醒を迫らせる
スタインベックのペン。

そして
死生観とは
そのまま
人生観であることを再認識させられもします。

自然への
畏敬
畏怖
その神聖視・・・。

”general soul”
”one big soul”
”the infinite whole”(無限の全体)
迫りくる文豪たちの
文学的世界観に圧倒されるばかりです。



       *



自然に抱かれるが如くの
その一体感
それは
時に愛するひととの一体感にも
似て・・・。
























































テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/08 17:52 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
メタセコイアの水辺に祈りを込めて


愛すべき落葉針葉樹
メタセコイア

落葉樹だけが魅せる
風馨る新緑の爽やかさに
木洩れ陽が編むレースの清涼感に
レンガ色に染まる紅葉の華やぎに
雪に象られる樹形その円錐の凛々しさに
美しき季節を見詰める
眼差しの先
真っ直ぐに伸びゆく
メタセコイアに祈りを捧げるなら
それは遥か澄んだ空に続いてゆく
どこまでも
いつまでも
絶えることのない
確かな想いを乗せて

DSCN0845_20160508054505a9c.jpg
















テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/07 23:38 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
WE'RE ALL ALONE Ⅱ
DSC_0373_20160506163619a95.jpg

WE'RE ALL ALONE







DSC_0534_2016050705301180d.jpg

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/05/06 23:35 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
こころの情景~WE'RE ALL ALONE/Boz Scaggs
DSC_0325_2016043020164655f.jpg


Close your eyes Amie
And you can be with me






























テーマ:素晴らしい歌詞 - ジャンル:音楽

【 2016/05/05 23:58 】

| 音楽 | トラックバック(0) |
愛しひとへ~無常美感
DSC_0301_2016043020164197a.jpg

純情詩集からの
水辺月夜のうた

日本文学を愛するひとならば
同調してくださる方も
少なくないと思うのですが

この詩に沈潜す
無常感
それは日本文学のいのち
といっても
過言ではないように感じています。

邂逅のよろこび

許されない運命

すれ違う想い

行き場を失くした愛

その遮断という抗い難い力

自然に身を任せ
同化しゆく生

藤村、鉄幹、晶子、白秋
と続く感情解放の系譜
その響き・・・。







DSC_0070_201604302015088dc_20160503144342c44.jpg

抒情に流されてで構わない
この先いつの日か
どこかでまた
こうして
想い出して下さることが
もしあったとして

清麗なる詩(うた)のなかに
結ばれたなら
それでいい・・・。































































テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/05/04 07:46 】

| 私的恋愛論 |
| ホーム |