FC2ブログ
或る詩学 Ⅷ~中世日本三大物語
IMG_3783.jpg

物語の物は
その物が属する周囲の状況
という意味合いも
含むんですね。

そして
語りには
話すと騙る・・・

日本の小説の歴史は
物語に始まったんですよね。

そして
物語は
インドの古典を受け継いで発展したようなんです
7世紀頃のお話ですけれど。

その後
あらゆる説話が見境なく
物語と呼ばれるようになって(笑

10世紀の日本三大物語のうち
洗練された文学表現の源氏物語と
大衆的表現の今昔物語とでは
ほんとうに好対照であり
ゆえに
補完関係にあるともされてきました。

大江氏の
指摘
”偉大なる小説は
危機の時代に形成される”
も、半ばあたってる
と申しますか

勝れた小説は
文学的、宗教的、歴史的、神話論的、宇宙論的
そして美的に
取り分け美的に
時代を再建し
多様な時間感覚とリズムで
普遍的魅力を、醸造せしめた
その成果と
謂えましょう。

そこで
私たちは
作者が仕掛けた深層の現実に曳かれ
そこでまた或る
他者に遭遇する

そのための
装置

それが小説といったところでしょうか。




















スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/08/10 12:11 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
| ホーム |