FC2ブログ
“美しい”を愛して Ⅵ〜エーゲ海にゆく陽から

DSC_0856.jpg

ところが
プロティノスには
近代的美学の萌芽も認められる

芸術作品が美しくあるためには
それが
単なる模倣であってはならず
自然美を成立せしめる
ロゴスを見極めた
写実の根本原則に依る必要があると。

となれば
東洋の山水画論も
想起されて・・・


















スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/10/29 21:17 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
| ホーム |