FC2ブログ
”美しい”を愛して XIII
DSC_0413_2016110214142540f.jpg

美を理念の感覚的現象に見立てた
ドイツ観念論哲学の最高峰 ヘーゲル
その弁証法的美学

彼は
人間精神を自然の上位に置くひとで
ゆえ人間精神が育む芸術美は
自然美に優越しイデア(理想)となり
その理想は
理念の形態化に他ならない
と。

その歴史的展開
ペルシャ、インド、エジプト、ユダヤなど
所謂古代東方の象徴的芸術形式

ギリシア、ローマの
古典的芸術形式

近代キリスト教の浪漫的芸術形式

こうした処に弁証法的発展を見い出したヘーゲル
それは
美の抽象論を否定し美学と美術史学を結ぶ
芸術学の創始。

そして
そんな彼が
愛してやまなかったのが、ギリシア、ローマの
古典的芸術形式だった。

だからこそ後に
ヘーゲル学派が引き継いだ美学は
極めてシンプル

美とは
美しいもの
その礎……
















スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/11/05 20:32 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | トラックバック(0) |
| ホーム |