FC2ブログ
最後に私がおたずねしたかったのは〜利休にたずねよ/山本兼一
DSC_0386.jpg

ーー静謐な気韻
美の崇高さへの畏怖ーー



煌びやかさに溢れくる美
がある一方で

侘び寂びの世界にしか
見出せない
ひっそりとした
音のない美がある。

哀しみから目を逸らさずに
痛みを抱き締め生きるひとだけが
知る美しさ

といったような。

美の源泉
美の基盤が

たったひとりのひと
たったひとつの愛
にあるとしたなら

それほど
揺るぎのない美は
ないのかもしれない。

なぜならそれは
執念にも似て

いつ
何が
どうあろうと
貫き通される類のものだから。

そういった意味でも
美と愛は
極めて
親和性が高いよう・・・・。












スポンサーサイト



続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/11/19 23:13 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
明日がくるなら/JUJU〜あづま橋(伊集院静)にて
DSC_0357.jpg

止まらない時間が
いつかふたり引き離すなら

明日がくるなら/JUJU







それでも…。

好きだから
離れる

好きだから
何をも厭わない

そして
軈て・・・

           *


想い出に生きる
って
なんだか
後ろ向きなイメージありますけれど。

当事者的には
想い出に生きよう
なんて思っているほうが
寧ろ稀で

気が付いたら
そーなってた

みたいな。

ただ
忘れられなかった
どれだけ月日が過ぎても

それだけ

たった
たったそれだけのこと。

確かに
苦しいし
何より
淋しい。

けれど
なぜか
それでも心地よい。

真なる想いって
得てして
そうしたものかと

うん・・・。

ひとを好きになる
って

それ以外無価値になる

交じり気のない想い

なんて
ピュア

そんな
素朴な在り様が
ともすれば気付かずに
通り過ぎてしまうほどに
さりげなく描れた
小さな小さな物語

けれど
こころに残る あづま橋。






































テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/11/19 11:13 】

| 音楽 | トラックバック(0) |
| ホーム |