FC2ブログ
あなたへ
京都の木屋町通りに沿って
ひっそりと流れる高瀬川

此処を舞台にした
鷗外の作品

本日のエストリルのクリスマスローズにて
京の美を想い
綴ったそのときに
あなたは
高瀬舟を読んでいらしたんですね

此処にも
法律学的論点が横たわり
全編、哀しみの帷に覆われながらも
何故かカタルシスを感じてしまうのは
鷗外派の私にとっては自然なこと
なのですが…。



大切な方とのお別れに
寂寥の荒野に立ち竦むあなたに
かける言葉は
未熟な私には見つからなくて…

エストリルのクリスマスローズを通じて
めぐり会えたあなただから
だから
この場所で静かに
あなたの胸の痛みに寄り添いたい
それだけで…。


幼少のBible。
Dick Brunaを
大人のあなたが
初めて手にされ
そうまで彼の世界観を理解し
受容し蹲る…

そんな細やかな心に
或るひとへの愛に
優しさに
深さに
私は
堪らないほどの共感を覚えるのです。

いつの日か
あなたの胸の痛みが癒えるその時まで
見守ることしか出来ない無力な私ですが

ただ
あなたを想っています…。


























スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/12/13 22:55 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
魁夷のこころ〜冬の華〜舞う雪〜川端文学〜自然支配への愁い


凛と冷えた
横浜の空の下で

川端の“古都”
その最終章 冬の花にある
あの清浄な情景を想いました。

そこには
北山杉が淡雪を纏う
京の美の極みが描出され…。

そして
もうひとり東山魁夷

あの“冬華”後
魁夷が会得した《白》からの
京都 冬の美
“北山初雪“

愛しき自然
その残照
その立ち姿
その道行き
自然を愛しむふたりの心が
こだまする・・・。

さらには
川端が愁いた
人類の自然支配までが

北山初雪の内奥に表現せんとした
ダークな魁夷の色味に通底している

向き合う者に
逼りくるような
重いメッセージを放って……。










テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/12/13 17:09 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
| ホーム |