FC2ブログ
枯寂の空
DSC_0708.jpg

時に帰休庵
時に観潮楼主人
こと鷗外

あ、そう云ってしまえば
“鷗外”も雅号でしたけれど。

4年余りのドイツへの研究留学で
医学研究に纏わる多くの業績をあげながら
一方で原書で名立たる小説、思想書を
読み進めたという理知のひと。
その後、陸軍軍医総監という
軍医最高峰を極めた鷗外ですが
その作品群を見渡すなら
彼の文学的人間的教養はやはり
漢文学で培われていらっしゃるゃよう…

津和野時代から身につけられたというその素養に
如何なる彼の生(知識、思索、経験)が
降り積ろうと
帝室博物館総長に任命された日に
記したのはあの漢詩でありましたし。


文学は、自己の問題を
端的にテーマにし得る
選れて有効な藝術結え

文学は多く
問題を含むんですね…。

ですが
鷗外のTheseが
如実に示しているように

問題は文学ではない。

文学は確かに問題を含みますが
それ以外のものも
あまりに
あまりに豊かなるものですから。

だれよりそれを知る文学者
鷗外だからこそ
レッシングを愛したんですよね

利他的個人主義、或いは折中主義か
文学的領略か

理論か実践か
鷗外が揺れた季節に。



結果、あの“興津”に始まり“抽斎”を迎える
“歴史家”的道を歩み始めた

資料に積み上げられ
検証し再構成される登場人物たち

それは
没我的集合主義
運命への信頼と

魂の深淵が、生を揺さぶる自己肯定
個人主義

トルストイにも見紛うほどのひと鷗外が
その両極に振れ
狭間に惑う
それほどに
捕捉し難い人間存在。

最大の敵 枯寂の空は、
果たして敵だったのか

人間的なるものを見つめ
人間性を救済せんとし
歴史を超越する眼差し
調和のとれた人生観への
歩みにも映ります。

其処で彼から学んだことのひとつ
それは

自律的世界秩序のなかで
かの歴史の桎梏と同じくらいに脅威なのは
そうした秩序や規制に耳を澄まそうせずに
徒に思量し我に固執し
本能や衝動が表に現れてきてしまう
そうした姿勢への戒めを
失ってしまうことの恐さだと云うことでありました。











✳︎たぶん
あの三嶋の憂国も
突き詰めるなら…

意図したところは
此処だったように私的には感じてます。



































スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/01/09 21:29 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
| ホーム |