さくら
DSC_0134_20170409110338885.jpg

淋しかった冬木立へ
どこまでも淡い薄桃色の華を付け
一期に咲き誇る樹の下に
噎せるほどの美が佇んでいるのは

その先に、否が応でも

想いの・・・

生の・・・

儚さを思い知らされるからでしょうか。


そう
永遠なんてないことを・・・。


けれど
だからいいんですよね。

消えゆくものだから
こんなにも
美しいんですね・・・。

DSC_0004_20170412092321188.jpg
















スポンサーサイト

テーマ:桜のある写真 - ジャンル:写真

【 2017/04/12 12:34 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
| ホーム |