FC2ブログ
無〜ふらぐめんて


カントやフィヒテは
何を語ったでしょう。

ゲーテ、シラーは
何を求めたのでしょう。

観念論は
虚構でしょうか

ならば
ひとの精神そのものも
虚構でしょう。

すべては
そう
あらゆるすべては
胸の内側にあります。

青い花
たぶん
ひとは
どうしたって
やはり
青い花が……。

それは
冷静な理論家であるほどに。



豊かな時間は
育まねば
なりません。

現実さえ
実はこのこころで
構築されたるものですゆえ。

この世に生を受けた以上は
美しくなければなりません。

生きている以上は
美しくあらねばなりません。

咲き誇る
青い花
凛と
美しく
されど
可憐に
秘めやかに……。

















スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/05/20 23:55 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
| ホーム |