FC2ブログ
映画 シェルブールの雨傘


“ローマの休日”
”ひまわり”
”追憶”
などに並ぶ
典型的名画の一つ
”シェルブールの雨傘”
これほど古さを感じさせない作品も少ないかと
感じていますけれど

そのラストシーン
アンジュからパリへ戻る途中
シェルブールに立ち寄ったという彼女の科白
地理的位置関係では、
寧ろ、敢えて会いに行ったという見方が
自然なんですよね。
その証左として
再会のシーンでは、
彼女のある覚悟が見て取れるようですし。

しかも雪
まさにホワイトクリスマスですからね…。

さまざまな解釈があって然るべきとは
存じますが

先に結婚してしまった彼女にこそ
深い想いが消え残っていると
妙に感情移入してしまうのは
なぜなのでしょうか。











スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2018/04/07 21:45 】

| 映画 | トラックバック(0) |
| ホーム |