FC2ブログ
編曲者 バッハが教えてくれたこと
IMG_6485.jpg

かつて
ヴィバルディのヴァイオリン協奏曲を
バッハがチェンバロのためのそれに
編曲していましたけれど

メロディラインは、殆ど変わっていない
ですが言語がまったく異なっていて

そして
その違いが美し過ぎて。


音色とは
文字通り
音の色彩ですが

その感覚

その”響き”には
思想が内包されていると
気付いたのは

まさに
この”美しき違い”によってだったのです。















スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2018/11/29 08:42 】

| 音楽 | トラックバック(0) |
| ホーム |