FC2ブログ
記憶
IMG_2629.jpg

(留まることのない今を)
生きるということは
結果、そのまま
記憶を繋ぐということなのかもしれません。

瞬間でしか捉えられない今
絶え間なく流れ去る今を
連綿と紡ぎ続けているのが記憶であります結え。

取り分け胸の奥深くに沁み込んだ
特別な記憶は
動的平衡そのアナロジーに照らすなら
唯一確かな証

そして人間とは
根源的に
こうした”記憶”と共に生きる存在
とも謂えましょうか。
























スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2019/07/19 08:35 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
| ホーム |