FC2ブログ


横浜は朝から厚い雲に覆われています。
出勤時間にヘッドライトが必要なのは
随分久しぶりな・・・



















スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2019/08/30 08:41 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
The road


日々、いろいろ迷いますけれど

確かな正解などないものが多いですから

信じる道を歩むしかないんですよね・・・。










































テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2019/08/28 23:46 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
yoke~社会性という名の軛


ーー恋をすると
心が動く
心の真ん中に”好き”を感じるーー


           *


社会人であれば
感情に捉われず
出来る限り冷静であろうと
務めることは
中半、不文律みたいなところありますよね。

斜な表現をしてしまえば
心を働かさずに生きていく
ひとつの処世術といったような。


組織となれば
大きければ大きいほど
何かとストレスがかかるのも必然ですゆえ
その中で軋轢や確執を極力避けて立ち回るには
感情を抑え込み環境に合せる必要に迫られるんですね。

けれども、心(感じ方)とは
自分らしさの根幹でもありますから
社会性を高めようとするあまりに
周囲に気を遣い過ぎると
自身を見失い、かえって生き辛くなってしまうといった
本末転倒な状態に陥ってもしまう訳です。

そもそも
心のあり方は自由なはずなんですよね。
にもかかわらず
自分軸で生きることを許さない環境とのせめぎ合い・・・
葛藤・・・



”こころの現象”と申しますか
こころで感じることが本質である
恋愛なんてその最たるものかもしれませんね
そう
秩序を重んじる社会性と恋愛は以外に相性が悪かったりして。
(なぜなら、その社会、環境に則すカタチに感情や欲望を抑えたり
時に消滅させることさえ求められますから)
社会性が自由を阻害する
コツコツと絶え間なく学び身に付けてきた
オトナの証ではあるんですけれどもね・・。

こうなれば、救いは
絶妙なバランス感覚
これしかないのでしょうか。






















テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2019/08/26 00:07 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
すべては学びの場に・・・
IMG_3287.jpg

人間は、尊厳(Würde)において理解される存在
というところは、議論の余地はないのかと。
一方で
価値(Wert)の優劣で理解する思想性は
人種主義と親和性が高く
また、同一民族内における価値的優劣を問題化する
優生学も差別主義的危うさを含んでいることも周知の事実。

ですが、”価値”という観点でなく
人間不平等性論は(仮にすべてが同じ条件のもとであったとしても
誰しもが同じ能力を発揮できる筈もなく
同等の役割を果たし切れないという)
”個人差”への、理解、寛容性を育てる学びの場には成り得ませんでしょうか。


























テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2019/08/20 11:08 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
岬カフェ


時間の流れが
違います・・・・・。




























テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2019/08/19 00:48 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
避暑…

























テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2019/08/16 11:43 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
見極め~naturalistic fallacy そしてdefinist fallacy
IMG_3118_20190814102057f20.jpg

(英国の哲学者ムーアの”倫理学原理”
往時のメタ倫理学界へは結構な衝撃を齎したという著作であります。
彼が提起した”自然主義的誤謬”
今日まで絶えることなく
メタ倫理学の課題とされており
”ムーアの議論”として知られています。

大変に誤用の多い概念で
かのヒュームの法則に似ているようでいて
全く非なるもの。
無論、賛否ありまして
定義主義的誤謬、記述主義的誤謬などといった
多くの立場によって否定されてもいます。

ですが、私的には極めて有用かと。)
定義できないものを
定義しようとしてしまうこと
或いはしてしまっていることへの
問題意識は持たねばなりません
そう、学ぶべきは此処なんですね・・・。

定義は、できないけれど
理解できてしまうという状況が
余計に混乱を助長してしまっているよう。

多くが薄々その違和に気付きながらも
議論の渦にのまれてしまう現実をみているのは
少々辛いです(涙

      *

散見されるのが
原理に関する主張
現象(現状)に関する主張
当為に関する主張等々が
同じ土俵で議論されている様子
こうなれば文脈の共有は困難で
事態の収拾は覚束ないようです。











テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2019/08/14 10:28 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
街に棲む彫刻たち Ⅵ
IMG_3053.jpg

























テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2019/08/13 10:26 】

| 絵画/彫刻 | トラックバック(0) |
癒やされます・・・

































テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2019/08/05 00:42 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
或る精神性
IMG_2733.jpg

個人領域(小さな集団)に限定されたストーリーに長く接した時に感じる得体のしれない空虚感
その理由を考えてみました。

私たちは皆一様に自然に取り巻かれ
共同体のなかで生きています。
そこで
根源的存在論ではありませんが
やはり人間に与えられた”贈与論的構造”
平たく云えば
自らの存在自体が贈られた存在との認識に立つなら
その”お返し”に
社会のために生きること(自己贈与の欲望)で
自己充足を得る
といったような(中半、本能にも似た)精神性が育まれる

こちら確かに労働の原理性
或いは”社会性”ですとか”政治共同体”の原理的研究書物に援用される
労働社会的相互作用の一般理論
さらに言えば所謂”犠牲のメカニズム”に説得力を持たせるに貢献はしているようです。

多くのひとは、学びのために与えられた季節を過ぎ
社会人となれば
政治,経済,法といった社会諸相抜きの
個(家族や学校、会社など小さな集団)の世界観のみに没頭するだけでは
充実(生甲斐)を得ることが難しくなってくるのもまた
確かな現実でありましょう。

よってこうした精神性は
社会生活と観念形態を貫いている
ということは謂えるのかもしれません。




















テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2019/08/01 19:24 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
| ホーム |