FC2ブログ
特効薬とワクチンへの祈り
スペシャリストであっても新型コロナウィルス対策は
ほんとうに難しそうですよね。

私がまったくの門外漢ゆえか
世界的な今日の状況を概観すると
加藤厚生労働相が示してらした
下のエピデミック図の意味の重さを今更ながら感じてしまうのです。

横軸に記されている印象的な言葉
”Healthcare system capacity”
ここ、
医療崩壊線を超えさせないことがどれだけ大切なのかと私のような素人にも
強く伝わってくる図と申しますか。

”経済的にリカバー可能な範囲の社会的隔離政策をいかに
(目先の経済的社会的損失に捉われず)先手で打てるかといったような”
要は、現段階で感染者を減らせずとも発生率のペースを落とす
即ち、感染力カーブを緩やかにすることに尽力すべきというマインドの意味性を
シンプルに分かり易く人々に(少なくとも素人の私に)訴えかける図だったのかと。

イタリアなどの情報を得ますと
(巷では全数検査までなくとも検査の必要性こそが強調せられる中)
検査に付き纏うtrade off relationshipに係る精度や
隔離病棟、施設の限界など鑑みるに
やはり先のように
感染者数のピークを緩やかにすることこそ
現実的で有効な対処法なのかと思えてきます。

AAA.jpg































スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2020/03/11 10:48 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
| ホーム |