FC2ブログ
pre-test probabilityを見つめて〜トリアージ検査方式


統計用語に
検査前確率ってあるんですけれど
是、検査の対象となる人のうち
疾患(可能性)を有する人の割合
有病率なんて呼ばれたりもしてます

こちら、
検査前確率が高い状況で得られた診断検査の
陰性結果は偽陰性である確率が高くなり
検査前確率が低い状況で得られた診断検査の
陽性結果は偽陽性である確率が高くなる
といった至極自然な関係性を端的に示すものであり
検査前確率を上げるための母集団抽出の必要性を
強く訴えるこの統計学的メッセージによるなら
闇雲なPCR検査は、危いと言えましょうか。




















スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2020/03/16 20:50 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
祈り~遠く遠く



























テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【 2020/03/16 00:50 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
| ホーム |