FC2ブログ
傷付くひとに幸せを・・・価値転換理論~transformation of value
DSC_0057_20151026095555d1e.jpg

選り良く生きるに
理論を先行させることを由とするものでもありませんが
生きていれば容赦なく
種々の問題が降り懸かってきます。
そうした逆境に際し
努めて冷静に問題を解決するに
強ち軽視できないのが
時に理論となってくる現実は確かにあるように思うんですね。

そのひとつに
価値転換理論なるものがありまして。

避けられない障害(不可抗力)は
受容する他手立てはないもので
自身の努力で対応出来得る範囲の事
例えば
そこで受ける精神的ダメージを極力低減させることに
尽力するのは
問題解決能力を高めるに
必要にして最低の条件となって参ります。

謂ってみれば
感情を思考でコントロールすることにより
穏やかに粛々と対処してゆけるための
意図的価値転換であります。

例えばそう
ぶつかった障害から受ける影響を
出来る限り制限するべく
価値範囲の拡大が図れる柔軟性を養う。

失ってしまったものを数えはじめたところから
苦悩が押し寄せる訳で
それは敢えて数えない
数えたら負け的な(笑

今持てる価値に気付けるか(否か)
さらには
努力によって得られるであろう価値への
能動的思考の勝利
と申しますか。

自己肯定感という
個の基盤は
盤石でなければならず
何かを失ったことで
それを揺らがせてはならないということなんですよね。

損なわれたものは
従属的価値に過ぎず
些末なものとし
本質的価値(高い人間性、豊かな精神性)といった
ひとがひととしてあるべき価値から目を逸らさないことが大切なんですね。

副次的な相対価値なんかに惑わされず
時に
唯一無二の絶対的価値への転換が
求められるということなんですよね。

そしてそれは
己に備わっている能力
その持てるものすべてを懸ければ
充分にしっかりと尚存分に
限られた生を全うできるという
最高にして最強の矜持
と言ってもいいのかもしれません。








関連記事
スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2015/10/28 00:40 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1062-73a472ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |