FC2ブログ
すべての遠景は青に近付く Ⅱ~哀しみの青
DSCN9931.jpg

イタリアはミラノ
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の
”最後の晩餐”は
ひとが描いたとは思えないほど
なめらかに美しい作品だ

構図も
色彩も
そのすべてが。

修道院
仄暗い食堂の
壁面に描かれたテンペラ画
キリストに纏せたあの布色
セオリー通りの青には違いない
だがはそれは
時の重みを背負った
例えようない深さを湛える
なんと優しい 
けれど
なんと哀しい青色だったろう・・・。

















関連記事
スポンサーサイト



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2015/11/24 00:12 】

| 絵画/彫刻 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1089-09d4b333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |