FC2ブログ
すべての遠景は青に近付く Ⅶ~胸の奥に棲む青
DSCN9938.jpg

青が印象的な作品に心惹かれるのは
西洋絵画だけではもちろんなくて。

日本画でも
青との出逢いが描かれた
素晴しい作品がたくさんありました。

また、瞳に映る青だけでなく
精神的と申しますか
イマジネーションの中にみる青も同様です。

例えば
千住明さんの”Still Blue”のような
音楽的にイメージされる青
バッハやショパン、ラフマニノフにも息衝いているように感じますし
また、文学的描写が醸造するその世界観も
ある独特の磁力があるのです。

適切な表現ではないかもしれませんが
良い意味で
足をとられる
深みに嵌る
そんな印象さえあるほど。

それは

ーすべての遠景は青に近付くー
ここで謂う色彩が
ひとの胸の奥の柔らかな場所に棲む
”こころの遠景”
に集約されてゆくものであり

究極的に
こころで見るということになるからでしょうか。

だからこそ
信条ですとか矜持に裏打ちされる
守るべきものにも近い・・・。

そうした大切な処で
こころ通じる歓び
それは
時空を悠に超えての
或る芸術家とのめぐりあいであり
時に隣に佇む友人との触れ合いであり
そして時に
このBLOGを通じた
あなたとの語らいでありました。

エストリルのクリスマスローズに
ご訪問下さったすべてのみなさまに
心からの感謝を込めて
pendingさせて戴きます。

























































関連記事
スポンサーサイト



テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

【 2015/11/30 00:47 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1094-434ba96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |