FC2ブログ
あの日、レグルスを想って
DSCN0550.jpg

イルミネーションに包まれる都心の空は
深夜になっても星影はまばら
ですが
其のぶん、孤独にも凛として耀くあの存在は
貴重でもあります。

地球と謂う名の星にあれば
落陽のあとの月の光は
女神の微笑みにも似た
優しさを投げ掛けてくれる
癒しの存在ですが・・・。



       * 



天の黄道上にあるという唯一の1等星
レグルス
ラテン語で王様を意味するレックス由来のこの星。
ギリシア神話ではネメアの谷
その最も奥深くに住むという
獅子の名を冠したLeoの中にある
全天21の1等星のうちのひとつ。
地動説を提唱したコペルニクスが
命名したと謂う王の星。 

太陽の何倍もの大きさと
強い光を放つ偉大なるこの星は
二重星が互いに回りあうという美しき四重星。
77年前に瞬いた真白きレグルスの光が
漸く届いた
今だからこそ想います。

時間でも
そして
距離でもない
見えないけれど
いえ、
見えないからこそ確かなものを。





























関連記事
スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/01/30 22:31 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1153-b0392c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |