FC2ブログ
ショパン愛と悲しみの旋律~ノクターン 第20番 嬰ハ短調 「遺作(動画視聴)」/戦場のピアニスト~ドラクロワ~ジョルジュ・サンド~


ーーあなたを好きな女性がいますーー


ジョルジュ・サンドがショパンに贈った愛の言葉。




120111-1
ルーブル美術館に収められている
19世紀フランス ロマン主義の画家ドラクロワが描いたショパンの肖像画です。



images 2
そしてこちらが、同じくドラクロワが描いた
文豪ユーゴーやフローベール等からも影響を受けたという女性フェミニストの先駆者で作家のジョルジュ・サンドの肖像画
コペンハーゲンに在るオードロップゴー美術館、所蔵作品です。




ですが
この2つの作品は
もともと一枚のキャンバスに描かれていたものでした・・。

ChopinSandDelacroix.jpg
サンジェルマン・デ・プレ教会の裏のドラクロワのアトリエに残されていたであろう作品が、こちら。

作品が2つに分断された理由は、
モーリス(サンドの子供)説、経済的理由など
諸説ありますが明らかにはなっていません。


ハンガリー出身のリストに見出され、メンデルスゾーン、ベルリオーズ、ハイネ、バルザックなどとも親交を深めてゆく矢先、革命のエチュードを演奏している”ピアノの詩人”ショパンに魅せられ
サンドの方からのラブコールで始まったこの恋。
二人の愛は、地中海のマヨルカへの旅そして夏はパリ、冬はノアンのサンドの館で育まれ、
その9年という季節に、ショパンは多くの名曲を残します。

そして

この恋の結末と肖像画のそれが
哀しくもクロスオーバーしているんですね。

ショパン ノクターン 第20番 嬰ハ短調 「遺作」
映画”戦場のピアニスト”のメインテーマにも使われた作品です。
Chopin: Nocturne No.20 cis-moll Op.posth (←動画視聴)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
映画 ショパン 愛と哀しみの旋律

※ヨーロッパ南天天文台でベルギーの天文学者により発見された小惑星帯が、ジョルジュ・サンドと命名されていましたね^^

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2012/10/04 18:37 】

| 絵画/彫刻 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<スペインアルハンブラ宮殿Ⅲ~アラヤネスのパティオ /ライオン~イスラム美術/アラベスク/ムカルナス装飾/コマレスの塔~ハーレムへ | ホーム |  コンスタンティヌスの凱旋門/コロッセオ/フォロ・ロマーノ ~フランスパリエトワール凱旋門~Roman temple >>
コメント
--- ペガサスさま ---

はじめまして
コメントありがとうございます♪
ショパンの旋律のなかに
二人の想いは息づいているのかと・・・。
ペガサスさまのブログにもこれからお伺いさせて戴きたいです。
地球環境に配慮されていらっしゃること共感致します。

saki * URL [編集] 【 2012/10/14 21:16 】
--- ---

はじめまして。
ブログ村から来ました。
素敵な愛を秘密でおしえてもらったという感じでした。
生前素敵な旅を続けられたことが天国でも続いているといいですね。
アトリエに同じ額のなかで残っているならまた素敵だと思いました。
pegasuswhite * URL [編集] 【 2012/10/14 20:37 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/125-dc0d96a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |