FC2ブログ
文学の源流 ディスクール Ⅱ~高き者北欧のオーディンを想って
DSCN1466.jpg

ーー広く世界を見詰め
   遍歴、遊歴を重ねし者だけが
     知恵という名の富を有することができるーー

こちら
北欧神話最高神
”崇高なる者”
と称されてきた
オーディンの言葉
ですけれど・・・

確かに
広い視野
高い視点から事象を眺めなければ
見えてこないもの
ってあるのかもしれません。



         *


古代から
脈々と受け継がれてきた物語たち。

ギリシアから北欧
ケルトからインド、メソポタミア
そしてエジプト延いてはラヴクラフトのクトゥルーまでの
神話世界。
そこで紡がれたSTORYは
遠い夢物語なんかじゃなくて

現代のこの在り様も
そんな神話たちの変奏
と見れなくもない・・・
それほどに
人間社会とは遍く
多様性多重性を
内包しているものなんですよね・・。






























関連記事
スポンサーサイト



テーマ:知的快楽主義 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2016/05/28 20:35 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1294-d9bdaec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |