FC2ブログ
世界文学という名の精神世界 Ⅱ


ダンテ
ぺトラルカ
セルヴァンテス
カルデロン
そして
シェイクスピア
さらには古代インドへと
時間軸を遡り
いにしえを求め彷徨ったのが
ドイツ浪漫派であった一方で

同時代への運命的連鎖を認め
同時代に広く意義を与えたのがゲーテ

そして彼の壮大な構想には
文学によって
創造され
結合され
境界を排し
永遠に人間的なるものに
辿り着くことで
寛容性を養うという
普遍的文学的視野が備わっていた・・・。













関連記事
スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/07/04 00:00 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1319-b42952e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |