FC2ブログ
鴎外を想って Ⅳ〜鷗外旧邸


ドイツからの帰国後まもなく
執筆を始めたという
所謂 ドイツ三部作
舞姫(ベルリン)、うたかたの記(ミュンヘン)、
文づかひ(ライプツィッヒ)
のうち前二作は
此処、鷗外の暮した
通称“舞姫の間”で執筆されたんですね。

ですので
鷗外文学発祥の地と
言えなくもありません。

当初、多くのペンネームを使い分けた鷗外
ですがこの筆名由来
(諸説ありますがうちひとつは)
吾妻橋の上流に在る
鷗の渡し(=吉原)の外にあって
遊興の地には遠く
近寄らない
という、愛に対する
誠実な姿勢が込められていると
伝えられてもいます…。

IMG_3239.jpg


















関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/07/19 17:40 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1333-37baf479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |