FC2ブログ
陽の光に代えて〜ドイツコラージュ Ⅱ
IMG_4691.jpg


私たちが
哀しみに押し流されないように

祈りを捧げてくれた
かのルターの優しきコラール。

それはバッハの
調べにのって
今、なお私たちの弱さを救い・・・



トマス・マンの
”ヴァイマールのロッテ”は
”若きウェルテル~”のモデル
シャルロッテが
長い年月を経て
ゲーテを訪ねてくるお話しでしたけれど
こちら…

自然(純粋な神秘性)と精神(理性的明晰さ)を
自在に往き来出来るが故
双方を兼ね備えた二重性を基に
人類の寵児となったゲーテ

その意味で彼は
(シラーを超え)
ワーグナー
ニーチェ
ショーペンハウアー
(ルソーで繋がるトルストイ)より
究極的意味で完璧
と讃える
マンのゲーテ礼賛でありました。

持続の重みが
精神のチカラとなり
その上で
過去を
生き直す価値をも見い出す
“生の貴族性”という
深くも美しい眼差し。

優れた
芸術的創造は
いずれ死すべき宿命の
儚い生を受けて
生まれてきた私たちを
補って
余りあるようにも
感じています・・・。











































関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/08/26 17:49 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1381-9e43b1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |