FC2ブログ
陽の光に代えて〜ドイツコラージュ Ⅴ
IMG_4708.jpg

古代ギリシアの明快な志向を
精神的陽光と名付け
作品に活かしたゲーテ

ときに
自信を喪失しながらも
年下のシラーに支えられたゲーテは
図書館の
レクラム文庫に並び
知の総合性を訴え続けた
総合的知見なくば
本当に価値あるものなど
わかりはしないと…。

ゲーテしかり
バッハしかり

人類のこころを豊かにするのは
寧ろ
過ぎ去った過去(芸術、文学、思想)たちかもしれない。

目に映る具象は一瞬
けれど
抽象(精神的空間)には
数千年の叡智がこだましている。



      *



ライプツィヒは聖トマス教会
その床には
名前が刻まれただけの
質素な銘板が置かれていた。
それが
バッハの眠る場所。









関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2016/09/02 19:16 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1385-1b3a3b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |