FC2ブログ
星の光に・・・~Ⅱ
IMG_3826.jpg

エストリルのクリスマスローズ
2016年9月18日付”星の光に・・・”
にて古歌

ーー月をこそ ながめなれしか 星の夜の 
深きあはれを こよひ知りぬるーー

を引いて
日本で初めに星空の美しさを愛でた和歌
といったような
感慨を綴らせて戴きましたところ
嬉しい共感を戴き

この時代のひとは
星など目に入っていなかったろうと
思っていたので
びっくりしました
誰の歌ですか?
といったようなメッセージも幾つか戴きましたので
この辺り
少し触れたいと思います。


          *


作者は               
建礼門院右京大夫。

建礼門院(平清盛の娘さん)に
仕えた女性で

平資盛を愛したひと・・・。

12世紀中葉に生まれた方らしいのですが
詳細は不明です。

平安末期の1185年源平の戦いで
彼女の最愛のひとは命を落としてしまうのですが
その哀しみを
詠んだ歌なんですね・・・。


恐らくですが

それまでは
夜空にひと際明るく
優しい暖色系の光を放つ
あの月にばかり目を奪われていて

ともすれば
見過ごしてしまいがちの
繊細な星の瞬き
その深い情趣を
今宵はじめて知った
というようなことであったのかと・・・。

夜空は晴れていれば
色彩がないわけではないんですよね。
刻々と色を変えながら
移り変わる色合い
そのグラデーション

それは
時に
控えめな紫を帯びて
胸に沁みこむような藍色を
映し出したりもしていますけれど。

果てしのないような
奥行
その広い空間に
それぞれの星たちが
想い想いに輝く

いつまでたっても
癒えることのない哀しみの淵に沈んだ
そんな時に
彼女に寄り添ってくれたのが
あの星たちだったということでしょうか・・・

慎ましやかで
心繋がる
星の美しさの世界観
その深淵が垣間見える作品でもあります・・・。

















関連記事
スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2016/09/21 15:57 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1410-de817e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |