FC2ブログ
映画 華の乱〜与謝野晶子/有島武郎〜シューベルト/水の上で…

ー美しいものは
すべて淋しいものですー



永畑道子さんの
“夢のかけ橋”は下敷きになっているだけで
やはり映画のタイトル通り
“華の乱”がメインストーリーなんですね。

ですので鉄幹との愛その影は薄いです。

与謝野晶子と周辺人物
有島武郎、島村抱月、松井須磨子、
波多野秋子、大杉栄、伊藤野枝らを追ってはいますが
当然乍、その会話の多くがフィクション
けれど
ほんとうにまことしやかに
描かれていて

深層の心理には
そんな感情もあったのだろうと。

心あるひとを苛む
秘めた想い
深い志に自身を重ねられるような
巧みな作品構成になっていました。


そして
死に至る病を乗り越えさせるものとは…。

















関連記事
スポンサーサイト



テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

【 2017/02/16 01:01 】

| 映画 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1547-3b3b0b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |