隔絶の5番


マーラーの5番(取り分けアダージェット)を聴いていると
果たして哀しみは乗り越えるべきものだろうか
そんな想いに囚われる。

忘れ去り
屈託なく在ることが是
なのだろうか
といったような。

それは…
この5番のなかに息衝くあの5番
其処にかのベートーヴェンが生きている
という
そのことと無縁ではないのかもしれない。

それが崇敬あっても
敬愛であっても
貴みであっても

例えばそう、
続くマーラー6番のような重みに息喘いだとしても

良い意味で引き摺る生き方が
呼び寄せるその先の息吹まで

胸に秘め共に歩む姿勢に潜む
人間精神の深さ
その奥行きが
多分私は好きなんですね…。






















関連記事
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/03/31 20:02 】

| 気紛れドライブ | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1596-4ae3e34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |