芥川から川端~暮らしを彩る美〜自然と藝術~陽光と幽光~末期の目



太古よりの大自然
命の儚さ
悠久へ募る想い。

日本古来の静謐な美を湛える
生を、
自然を、
こころを、
繊細にして優美な文章で
紡ぎ出していった川端。
その暮しは
文字通り国宝級の美(術品)に囲まれた
美しき空間にあったという。

掛軸や、彫刻
其処に息衝く陽光、幽光。
そして例えば、魯山人の湯呑を日常遣いにすると
いったような。

美とは、日々の生活に根付いてこその
美なのかもしれません。
少なくとも私は、そう信じて疑わない…


       *


寂しさ
哀しさ
静かさ
優しさ
嫋やかさ…
いずれにも
美は似ています。

想いを致すのは此処
美は、
味わい尽くさねばなりません結え・・・。

       *

そして

美を見つめる眼差し。

”自然が美しいのは
末期の目に映るから”
そんな芥川の遺書を引用した
川端のノーベル賞受賞講演。

病弱であった青年期に
天涯孤独の身となり
両親の記憶さえ持たない
孤独の作家、川端であったから、

そのこころを慰めたのが
“美”であったから、

断言できた
藝術の極意、”末期の目”

美は緊張のなかにこそ
拡張され
鮮烈に受容されるということ。


       

















関連記事
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

プロフィール

saki

Author:saki
sakiと申します。
ご訪問ありがとうございます。
横浜の小高い丘の上で
no music(baroque)no lifeな暮らしをしています。
よろしくお願い致します。

☆このブログはリンクフリーです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
自由なる物語 Nov 24, 2017
Nov 22, 2017
豊かなる理性へ Nov 20, 2017
映画 ヘッドライト Nov 17, 2017
論理空間 Nov 15, 2017
桜の風景 Nov 14, 2017
客観性の要請 Nov 13, 2017
ショーペンハウアーが齎したもの Nov 11, 2017
Hume Nov 09, 2017
価値の在り処 Nov 06, 2017
スティーヴンソン/宝島~ハワイ/ホノルル/カイマナビーチ/ハウツリーラナイ~中島敦/光と風と夢 Nov 03, 2017
思索的に・・・ Nov 02, 2017
思考の道具 Oct 31, 2017
思想の通覧 Oct 30, 2017
漱石の鐘~誓閑寺 Oct 28, 2017
一面性の克服から愉しみへ Oct 26, 2017
愛すべき旅人たちへ Oct 25, 2017
IHIステージアラウンド劇場~髑髏城の七人(松山ケンイチ/向井理) Oct 24, 2017
トートロジーへ Oct 23, 2017
現象学の実践 Oct 21, 2017
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
RSSリンクの表示
アクセス解析